電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-17 11:00
ダイナミックTDDを用いたスモールセルにおける下りリンク・上りリンク送信電力制御法に関する検討
高橋宏樹横枕一成今村公彦シャープRCS2013-146
抄録 (和) 本検討では,マルチセル環境下において,マクロエリア内に配置されたスモールセルの複信方式としてダイナミックTDD (Time Division Duplex) を用いた場合の下りリンク(DL: Downlink)・上りリンク(UL: Uplink) 送信電力制御(TPC: Transmission Power Control) による干渉軽減法を提案する.3GPP (The Third Generation Partnership Project) におけるダイナミックTDD は,各基地局がセル内のDL とUL のデータビットの割合に応じて予め定義されたUL-DL設定の中から1 つの適切な設定を選択し,DL とUL の送信機会を設定する.しかしながら,ダイナミックTDD ではセル間で伝送方向が動的に異なることにより,自セルのUL 信号に対し他セルのDL 信号が干渉となる基地局間干渉,および自セルのDL 信号に対し他セルのUL 信号が干渉となる端末間干渉が生じる.特に前者のようなUL 信号に対して他セルの基地局からのDL 信号の干渉は,深刻な受信SINR (Signal to Interference plus Noise power Ratio) の低下の原因となる.本検討では,このような問題を解決するため,伝送方向の異なるサブフレームにおいて干渉となる基地局の送信電力を低減するDL 送信電力制御(TPC: Transmit Power Control) を適用し,希望信号となる端末の送信電力を増幅するUL TPC を適用した場合の特性を評価する.計算機シミュレーションにより, 干渉軽減を行なわないダイナミックTDD に比べ最大21.2% UL スループットを改善できることを示している. 
(英) This paper proposes a downlink (DL)/uplink (UL) transmission power control (TPC) scheme for dynamic time division duplex (TDD) based small cells under multi-cell environment. In the dynamic TDD in the third generation partnership project (3GPP), an eNB (evolved node B) selects an adequate UL-DL configuration from multiple configurations according to the ratio of DL to UL data bits in each cell. However, in this case, eNB-eNB and user equipment (UE)-UE interferences could be additional interference since the transmission directions can be different among cells. Especially, eNB-eNB interference significantly degrades the UL transmission performances. Therefore, we investigate the DL TPC which is applied to the subframes which can be different directions among cells and the benefits to decrease eNB-eNB interference by this scheme. We also investigate the different UL TPC parameters are applied according to the subframe types in order to alleviate the impact of eNB-eNB interference. Computer simulation confirms that the proposed DL/UL TPC scheme can achieve 21.2 % gain at maximum for UL throughput without significant DL throughput degradation.
キーワード (和) LTE Release 12 / ダイナミックTDD / 送信電力制御 / スモールセル / eIMTA / / /  
(英) LTE Release 12 / dynamic TDD / transmit power control / small cell / eIMTA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 246, RCS2013-146, pp. 25-30, 2013年10月.
資料番号 RCS2013-146 
発行日 2013-10-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-146

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-10-17 - 2013-10-18 
開催地(和) 上智大学 
開催地(英) Sophia Univ. 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化および一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ダイナミックTDDを用いたスモールセルにおける下りリンク・上りリンク送信電力制御法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Downlinik/Uplink Power Control Technique for Dynamic TDD based Small Cell Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE Release 12 / LTE Release 12  
キーワード(2)(和/英) ダイナミックTDD / dynamic TDD  
キーワード(3)(和/英) 送信電力制御 / transmit power control  
キーワード(4)(和/英) スモールセル / small cell  
キーワード(5)(和/英) eIMTA / eIMTA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 宏樹 / Hiroki Takahashi / タカハシ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横枕 一成 / Kazunari Yokomakura / ヨコマクラ カズナリ
第2著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 公彦 / Kimihiko Imamura / イマムラ キミヒコ
第3著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-17 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-146 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.246 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会