お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-11 09:30
[招待講演]An Address Management System for IPv6 Network
Sangwook BaeShimin SunLi Han・○Sunyoung HanKonkuk Univ.IA2013-30
抄録 (和) Until 2011, the numbers of IPv4 addresses that can be used have almost exhausted. Most providers of Internet services and software vendors have begun to use the next generation technique IPv6 as substitution.
Compare to IPv4, the infinite IPv6 address can be assigned to any devices. The various features of IPv6 provide some new functions, such as SLAAC (Stateless Address Auto Configuration), Improved QoS, Security that provided by default, Simple header and mobility supported. In particular, SLAAC mechanism has its significant feature that allows hosts to generate and configure its own IPv6 address for communication. However, this feature has drawbacks in term of security and management in enterprise network.
To address this issue and protect sensitive hosts, a host address management approach is needed to block illegal host¨s access. In this research, we develope and implemented a mechanism for blocking and collecting information of local hosts based on features of Internet Control Message Protocol Version 6 (ICMPv6), which is a companion protocol of IPv6. 
(英) Until 2011, the numbers of IPv4 addresses that can be used have almost exhausted. Most providers of Internet services and software vendors have begun to use the next generation technique IPv6 as substitution.
Compare to IPv4, the infinite IPv6 address can be assigned to any devices. The various features of IPv6 provide some new functions, such as SLAAC (Stateless Address Auto Configuration), Improved QoS, Security that provided by default, Simple header and mobility supported. In particular, SLAAC mechanism has its significant feature that allows hosts to generate and configure its own IPv6 address for communication. However, this feature has drawbacks in term of security and management in enterprise network.
To address this issue and protect sensitive hosts, a host address management approach is needed to block illegal host¨s access. In this research, we develope and implemented a mechanism for blocking and collecting information of local hosts based on features of Internet Control Message Protocol Version 6 (ICMPv6), which is a companion protocol of IPv6.
キーワード (和) IPv6 Address Management / Network Management System / AMSv6 / IPv6 / Security / / /  
(英) IPv6 Address Management / Network Management System / AMSv6 / IPv6 / Security / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 240, IA2013-30, pp. 25-27, 2013年10月.
資料番号 IA2013-30 
発行日 2013-10-03 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2013-30

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2013-10-10 - 2013-10-11 
開催地(和) ソウル Konkuk大 
開催地(英) Konkuk Univ., Seoul 
テーマ(和) Internet Architecture and Applications 
テーマ(英) Internet Architecture and Applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2013-10-IA 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Address Management System for IPv6 Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IPv6 Address Management / IPv6 Address Management  
キーワード(2)(和/英) Network Management System / Network Management System  
キーワード(3)(和/英) AMSv6 / AMSv6  
キーワード(4)(和/英) IPv6 / IPv6  
キーワード(5)(和/英) Security / Security  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Sangwook Bae / Sangwook Bae /
第1著者 所属(和/英) Koynkuk Universit (略称: Konkuk Univ.)
Koynkuk Universit (略称: Konkuk Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Shimin Sun / Shimin Sun /
第2著者 所属(和/英) Koynkuk Universit (略称: Konkuk Univ.)
Koynkuk Universit (略称: Konkuk Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Han Li / Li Han /
第3著者 所属(和/英) Koynkuk Universit (略称: Konkuk Univ.)
Koynkuk Universit (略称: Konkuk Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Sunyoung Han / Sunyoung Han /
第4著者 所属(和/英) Koynkuk Universit (略称: Konkuk Univ.)
Koynkuk Universit (略称: Konkuk Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-11 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2013-30 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.240 
ページ範囲 pp.25-27 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-IA-2013-10-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会