お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-11 16:00
Privacy aware transformation (PAT) and its applications for privacy preserving data analysis
Ikuo NakagawaYoshifumi HashimotoIntec)・Masahiro HijiTohoku Univ.)・Hiroshi EsakiUniv. of TokyoIA2013-39
抄録 (和) Many service providers try to collect and store life logs, such as purchase history, route records, sensing data of home devices and so on into cloud environment. The risk of revealing privacy information is a critical issue for these service providers. We propose a new technique for privacy preserving data analysis in which we can achieve analytic results with reducing the risk of revealing privacy information. The proposed technique based on the concept of the privacy aware transformation (PAT), gives a way to get analytic result from translated data where it is difficult to get original data which may contain privacy information. We show the basic architecture of the privacy aware transformation and discuss its practical application. Our proposal is providing a practical mechanism for service providers. Users are also able to get the benefits of disclosing analytic result with less risk of revealing the privacy information. 
(英) Many service providers try to collect and store life logs, such as purchase history, route records, sensing data of home devices and so on into cloud environment. The risk of revealing privacy information is a critical issue for these service providers. We propose a new technique for privacy preserving data analysis in which we can achieve analytic results with reducing the risk of revealing privacy information. The proposed technique based on the concept of the privacy aware transformation (PAT), gives a way to get analytic result from translated data where it is difficult to get original data which may contain privacy information. We show the basic architecture of the privacy aware transformation and discuss its practical application. Our proposal is providing a practical mechanism for service providers. Users are also able to get the benefits of disclosing analytic result with less risk of revealing the privacy information.
キーワード (和) Privacy Aware Data Analysis / Cloud Computing / / / / / /  
(英) Privacy Aware Data Analysis / Cloud Computing / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 240, IA2013-39, pp. 69-74, 2013年10月.
資料番号 IA2013-39 
発行日 2013-10-03 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2013-39

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2013-10-10 - 2013-10-11 
開催地(和) ソウル Konkuk大 
開催地(英) Konkuk Univ., Seoul 
テーマ(和) Internet Architecture and Applications 
テーマ(英) Internet Architecture and Applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2013-10-IA 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Privacy aware transformation (PAT) and its applications for privacy preserving data analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Privacy Aware Data Analysis / Privacy Aware Data Analysis  
キーワード(2)(和/英) Cloud Computing / Cloud Computing  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Ikuo Nakagawa / Ikuo Nakagawa /
第1著者 所属(和/英) Intec, Inc. and Osaka University (略称: Intec)
Intec, Inc. and Osaka University (略称: Intec)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Yoshifumi Hashimoto / Yoshifumi Hashimoto /
第2著者 所属(和/英) Intec, Inc. (略称: Intec)
Intec, Inc. (略称: Intec)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Masahiro Hiji / Masahiro Hiji /
第3著者 所属(和/英) Tohoku University (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Hiroshi Esaki / Hiroshi Esaki /
第4著者 所属(和/英) University of Tokyo (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-11 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2013-39 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.240 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2013-10-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会