電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-10 14:50
立体音響のための骨伝導の振動伝播解析
松崎成敏黒田嘉宏浦西友樹井村誠孝大城 理阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 骨導音は騒音下や伝音性難聴者も知覚可能であるが,気導音では発達している立体音響技術の研究は進んでいない.
本研究では,骨伝導における蝸牛部への伝達関数を推定し,提示する音信号に対して作用させることで,骨導音による立体音響技術の精度を向上させることを目的とする.
本稿では,頭部の簡易な三次元モデルを用いて,振動伝播シミュレーションを行った.
シミュレーションによって,頭蓋骨表面に振動を与えた際の蝸牛への骨伝導の振動伝播を解析した.
また,簡易な頭部模型を作製し,骨伝導振動子によって頭蓋骨表面に振動を与えた場合の蝸牛位置における振動を計測した. 
(英) Talk and music make our lives better.
Stereophony system has been developed to perceive sound source location.
Sound perceived by auditory is grouped into air-conducted and bone-conducted sounds.
Bone-conducted sound is able to be listened under noisy condition, and people of acquired conductive hearing loss can hear the sound.
Few stereophony system using bone-conducted sound has been developed.
The purpose of this research is to make stereophony bone-conducted sound by estimating the bone-conduction transfer function and considering stereophonic technology.
In this study, simulation for vibration propagation was carried out using simple three-dimensional model.
Vibration at the position of cochlea is simulated after input vibration has given on surface of skull.
And vibration at the position of cochlea in simple head model is measured after vibration has inputted on its surface.
キーワード (和) 骨伝導 / 立体音響 / 振動解析 / / / / /  
(英) Bone conduction / Stereophony / Vibration analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 241, MBE2013-64, pp. 25-30, 2013年10月.
資料番号 MBE2013-64 
発行日 2013-10-03 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2013-10-10 - 2013-10-10 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) ME 一般 
テーマ(英) ME 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2013-10-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 立体音響のための骨伝導の振動伝播解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of vibration propagation through bone conduction for stereophony 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 骨伝導 / Bone conduction  
キーワード(2)(和/英) 立体音響 / Stereophony  
キーワード(3)(和/英) 振動解析 / Vibration analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松崎 成敏 / Naritoshi Matsuzaki / マツザキ ナリトシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 嘉宏 / Yoshihiro Kuroda / クロダ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦西 友樹 / Yuki Uranishi / ウラニシ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井村 誠孝 / Masataka Imura / イムラ マサタカ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大城 理 / Osamu Oshiro / オオシロ オサム
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-10 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2013-64 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.241 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2013-10-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会