電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-10 13:00
トーン-エントロピー法による呼吸筋トレーニングが及ぼす心臓自律神経系活動の評価
齋藤宏志中村英夫阪電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,様々な呼吸法による心拍変動の増大が報告されている.従来,心臓自律神経系活動計測の方法として周波数パワースペクトル法が用いられている.周波数パワースペクトル法は適切な評価のために呼吸統制が必要であり,呼吸筋トレーニング時の心臓自律神経系活動評価には適さない.本研究は,呼吸筋トレーニング時およびその前後の心臓自律神経系活動をトーン-エントロピー法と周波数スペクトル法とで解析し,比較することで呼吸筋トレーニングが心臓自律神経系活動の計測結果について検討することを目的とする.本研究では,Threshold IMTを用いることで呼吸筋トレーニングを行う.被験者は健常成人男性21名とした.随意呼吸時をV1,呼吸筋トレーニング時をT,および呼吸筋トレーニング後の随意呼吸時をそれぞれV2,V3とし,心電図R-R間隔を各5分間計測した.結果よりTで総体的な心臓自律神経系活動が賦活する傾向を示し,また心拍数も増加した.V3で下降する傾向を示した.Tでは心臓自律神経系活動の総体を賦活させることで心拍数を上昇させ,V3では副交感神経系活動を賦活させることで心拍数を下降させたと推測される. 
(英) Recently, several studies that heart rate variability increase through respiratory methods are reported. In general, CANS activities are usually measured with frequency spectral analysis. Frequency spectral analysis is inappropriate on ventilatory muscle training because subjects should be controlled breathing frequency. The purpose of this study is to indicate the effect of ventilatory muscle training on the variation of CANS activities through Tone-Entropy analysis as compared with ventilatory muscle training and before and after ventilator muscle training trial. In this experiment, Threshold IMT was used to conduct ventilatory muscle training and twenty one subjects were participated. R-R interval were measured for five minutes was during voluntary breathing before ventilatory muscle training trial (V1), ventilatory muscle training trial (T), former voluntary breathing after ventilatory muscle training trial (V2) and latter one (V3). Our results show that total of CANS activities were activated during T and V3. HR was increased during T trial, and inversely decreased during V3. It is concluded that total of CANS activities were activated to increase HR during T parasympathetic nervous system activities were activated to decrease HR during V3.
キーワード (和) トーン-エントロピー法 / 呼吸筋トレーニング / 心拍変動 / 心臓自律神経系活動 / / / /  
(英) Tone-Entropy Analysis / ventilatory muscle training / heart period variability / cardiac autonomic nervous system activity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 241, MBE2013-60, pp. 1-6, 2013年10月.
資料番号 MBE2013-60 
発行日 2013-10-03 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2013-10-10 - 2013-10-10 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) ME 一般 
テーマ(英) ME 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2013-10-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トーン-エントロピー法による呼吸筋トレーニングが及ぼす心臓自律神経系活動の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Autonomic nervous system activity during ventilatory muscle training through Tone-Entropy Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トーン-エントロピー法 / Tone-Entropy Analysis  
キーワード(2)(和/英) 呼吸筋トレーニング / ventilatory muscle training  
キーワード(3)(和/英) 心拍変動 / heart period variability  
キーワード(4)(和/英) 心臓自律神経系活動 / cardiac autonomic nervous system activity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 宏志 / Hiroshi Saito / サイトウ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Comm. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 英夫 / Hideo Nakamura / ナカムラ ヒデオ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Comm. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-10 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2013-60 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.241 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2013-10-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会