お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-04 11:20
衛星マルチビーム用Ka帯アレーアンテナの一検討
林 昌孝拓殖大)・辻 宏之織笠光明豊嶋守生NICT)・前山利幸拓殖大AP2013-96
抄録 (和) 筆者らは,これまでに地上/衛星共用携帯電話システム(Satellite-terrestrial integrated mobile communication system, 以下STICS )の研究開発を行ってきた.本システムで用いる衛星搭載用アンテナは直径が30mクラスで展開収納可能なメッシュ展開反射鏡を用いる.給電部は100素子級のアレーアンテナで,DBF( Digital beam forming )によってビーム制御,サイドローブ制御を行う.また,サービスエリアのビーム形成には,超マルチビーム形成技術と,反射鏡面による2次放射制御が必要となる.ならびに,100素子級のアンテナビームの検討が必要であるため,Ka帯アレーアンテナで評価を行う.本報告では,衛星搭載用アンテナの初期評価として100素子級アレーアンテナの放射特性の測定を行い報告する. 
(英) The authors have been conducting Research and Development of Satellite-terrestrial integrated mobile communication system (STICS) so far. Satellite antenna employs a deployable mesh reflector with a diameter of 30m class. Power feeding part is the array antenna 100 elements, and performing side lobe control and beam control by DBF(Digital beam forming). The beam forming of the service area, and the ultra-multi-beam forming technology, beam control by the reflection mirror surface is required. And, I evaluate in the Ka-band array antenna because I requires consideration of the antenna beam of 100 class elements. In this report, we make a measurement of 100 class element array antenna characteristics as the initial evaluation of the satellite antenna.
キーワード (和) STICS / 衛星搭載アンテナ / アレーアンテナ / / マルチビーム / / /  
(英) STICS / Satellite antenna / Array antenna / Multi beam / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 233, AP2013-96, pp. 51-56, 2013年10月.
資料番号 AP2013-96 
発行日 2013-09-26 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2013-96

研究会情報
研究会 AP PEM  
開催期間 2013-10-03 - 2013-10-04 
開催地(和) 金沢大学 サテライトプラザ 
開催地(英) Kanazawa Univ. Satellite-Plaza 
テーマ(和) 測定,一般 
テーマ(英) Antenna Measurement, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-10-AP-PEM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 衛星マルチビーム用Ka帯アレーアンテナの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on multi beam Ka-band array antenna for satellite communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) STICS / STICS  
キーワード(2)(和/英) 衛星搭載アンテナ / Satellite antenna  
キーワード(3)(和/英) アレーアンテナ / Array antenna  
キーワード(4)(和/英) / Multi beam  
キーワード(5)(和/英) マルチビーム /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 昌孝 / Masataka Hayashi / ハヤシ マサタカ
第1著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 宏之 / Hiroyuki Tsuji / ツジ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 織笠 光明 / Teruaki Orikasa / オリカサ テルアキ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊嶋 守生 / Morio Toyoshima / トヨシマ モリオ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 前山 利幸 / Toshiyuki Maeyama / マエヤマ トシユキ
第5著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-04 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-96 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.233 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2013-09-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会