お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-03 09:30
高検出効率な低フィリングファクター超伝導ナノワイヤ単一光子検出器
山下太郎三木茂人寺井弘高NICT)・王 鎮NICT/SIMITSCE2013-29 エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2013-29
抄録 (和) 我々は本研究において、超伝導ナノワイヤ単一光子検出器(以下SSPD)の光吸収率を有限要素解析の手法を用いた数値シミュレーションを行った。数値シミュレーションの結果、ナノワイヤの受光面積全体における占有率(フィリングファクター)を小さくすることによりナノワイヤに生じる電場の強さが増大し、増大の度合いは膜厚の大きいナノワイヤほど大きいことが明らかとなった。ダブルサイドキャビティ構造を採用してナノワイヤ近傍に電場を強く閉じ込めることで、電場強度がより増大し低フィリングファクターなSSPDにおいても高い光吸収率が得られることが分かった。本研究の結果は、高い検出効率と高いカウントレートを両立した高性能なSSPDの実現へとつながるものである。 
(英) We present a numerical simulation of the optical absorptance for the superconducting nanowire single-photon detectors (SSPDs) designed with various layouts by using finite-element analysis software. The simulation results reveal that the electric field concentrated in the superconducting nanowire is enhanced by reducing the filling factor, and the degree of the enhancement becomes larger for thicker nanowires. Due to the large enhancement of the electric field in the nanowire with a double-side cavity structure, the high optical absorptance can be achieved even for the low-filling-factor layout by tuning the device design, which leads to the realization of SSPDs with high system detection efficiency and high counting rate.
キーワード (和) 単一光子検出器 / 超伝導ナノワイヤ / 薄膜 / 数値シミュレーション / / / /  
(英) Single photon detector / superconducting nanowire / thin film / numerical simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 232, SCE2013-29, pp. 55-60, 2013年10月.
資料番号 SCE2013-29 
発行日 2013-09-25 (SCE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SCE2013-29 エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2013-29

研究会情報
研究会 SCE  
開催期間 2013-10-02 - 2013-10-03 
開催地(和) 東北大学・電気通信研究所 
開催地(英) Tohoku University, RIEC 
テーマ(和) 超伝導センシング基盤技術及びその応用、一般 
テーマ(英) Superconducting sensing technologies and their applications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SCE 
会議コード 2013-10-SCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高検出効率な低フィリングファクター超伝導ナノワイヤ単一光子検出器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High detection efficiency superconducting nanowire single-photon detector with low filling factor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 単一光子検出器 / Single photon detector  
キーワード(2)(和/英) 超伝導ナノワイヤ / superconducting nanowire  
キーワード(3)(和/英) 薄膜 / thin film  
キーワード(4)(和/英) 数値シミュレーション / numerical simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 太郎 / Taro Yamashita / ヤマシタ タロウ
第1著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 茂人 / Shigehito Miki / ミキ シゲヒト
第2著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺井 弘高 / Hirotaka Terai / テライ ヒロタカ
第3著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 鎮 / Zhen Wang / オウ チン
第4著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構/SIMIT (略称: NICT/SIMIT)
National Institute of Information and Communications Technology/Shanghai Institute of Microsystem and Information Technology (略称: NICT/SIMIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-03 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SCE 
資料番号 IEICE-SCE2013-29 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.232 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SCE-2013-09-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会