お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-02 16:55
超伝導回路量子電磁力学系における大きな分散シフト
猪股邦宏理研)・山本 剛NEC)・Pierre-Marie Billangeon理研)・中村泰信東大)・蔡 兆申理研SCE2013-27 エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2013-27
抄録 (和) 超伝導磁束量子ビットと超伝導共振器が容量を介して結合した系において,分散シフトの増大が観測されたので報告する.量子ビットと共振器のエネルギーの離調が5~GHzの系に対して,観測された80~MHzの分散シフトの大きさは,量子ビットの第2励起準位以上のエネルギー準位からの寄与を考慮した一般化されたRabiモデルを用いて定量的に説明される.増大された分散シフトを量子ビットの読み出しに応用することによって,読み出し忠実度90%のRabi振動の観測に成功し,さらに忠実度の損失は主に量子ビットの緩和によってもたらされていることを確認した. 
(英) We demonstrate enhancement of the dispersive frequency shift in a coplanar waveguide resonator induced by a capacitively-coupled superconducting flux qubit in the straddling regime.
The magnitude of the observed shift, 80~MHz for the qubit-resonator detuning
of 5~GHz, is quantitatively explained by the generalized Rabi model which takes into account the contribution of the qubit higher energy levels.
By applying the enhanced dispersive shift to the qubit readout, we achieved 90$%$ contrast of the Rabi oscillations
which is mainly limited by the energy relaxation of the qubit.
キーワード (和) 超伝導磁束量子ビット / 超伝導共振器 / 分散シフト / / / / /  
(英) superconducting flux qubit / superconducting resonator / dispersive shift / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 232, SCE2013-27, pp. 43-47, 2013年10月.
資料番号 SCE2013-27 
発行日 2013-09-25 (SCE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SCE2013-27 エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2013-27

研究会情報
研究会 SCE  
開催期間 2013-10-02 - 2013-10-03 
開催地(和) 東北大学・電気通信研究所 
開催地(英) Tohoku University, RIEC 
テーマ(和) 超伝導センシング基盤技術及びその応用、一般 
テーマ(英) Superconducting sensing technologies and their applications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SCE 
会議コード 2013-10-SCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超伝導回路量子電磁力学系における大きな分散シフト 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Large dispersive shift observed in a superconducting circuit-QED system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超伝導磁束量子ビット / superconducting flux qubit  
キーワード(2)(和/英) 超伝導共振器 / superconducting resonator  
キーワード(3)(和/英) 分散シフト / dispersive shift  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 猪股 邦宏 / Kunihiro Inomata / イノマタ クニヒロ
第1著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研)
The Institute of Physical and Chemical Research (略称: RIKEN)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 剛 / Tsuyoshi Yamamoto / 山本 剛
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Pierre-Marie Billangeon / Pierre-Marie Billangeon / ビランジェオン ピェール
第3著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研)
The Institute of Physical and Chemical Research (略称: RIKEN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 泰信 / Yasunobu Nakamura / ナカムラ ヤスノブ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔡 兆申 / Jaw-Shen Tsai / ツァイ ジャオシェン
第5著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研)
The Institute of Physical and Chemical Research (略称: RIKEN)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-02 16:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SCE 
資料番号 IEICE-SCE2013-27 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.232 
ページ範囲 pp.43-47 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SCE-2013-09-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会