お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-28 11:25
オンライン配布資料へのノート機能自動付与システムの試作と活用
星野裕樹谷村 祐西村広光示野浩士納富一宏神奈川工科大ET2013-31
抄録 (和) ICT活用教育の現場では,講義資料をオンラインでデータとして配布することが多い.そのため,学生はコンピュータで講義資料を閲覧し,ノートはワードなどを使用して作るようにしている.その結果,授業毎に資料とノートの2つのデータを管理する必要が生じる.そこで,教員の負担にならないように,既存の資料内に電子的に書き込めるフィールドを自動付与し,資料とノートを一体化(合成)することで管理を簡易化する.また,合成資料をダウンロードする際,用意されている複数のテンプレートから自由にレイアウトを選択できるようする.こうすることで,学生は自分に適した資料を入手することが可能となる.本稿では,システムの試作と活用について述べる. 
(英) In this article, we describe development and utilization of a lecture support system. Recently, lecture slides like PDF documents are distributed at the online in almost all classrooms by utilizing ICT. So that, each student browses slides and takes a note with editor like Microsoft Word. As the result, in each lecture, students have to manage the more than two data, slides and notes. Therefore, our aim is to simplify managing data for all students and teachers. Since generally PDF slides are actually read-only, we have implemented a web system of automatically rebuilding new PDF documents which has text-input-fields to edit notes. Also we added to the system one more function which rebuild new layout with several templates of notes. Therefore, students are able to download and use writable PDF documents suitable for themselves.
キーワード (和) ノート / 講義資料 / eラーニング / ポートフォリオ / PDF / / /  
(英) Note / Lecture Materials / e-learning / Portfolio / PDF / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 229, ET2013-31, pp. 17-22, 2013年9月.
資料番号 ET2013-31 
発行日 2013-09-21 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2013-31

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2013-09-28 - 2013-09-28 
開催地(和) 広島大学(東広島キャンパス) 
開催地(英) Hiroshima University 
テーマ(和) 学習支援システムの新展開/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2013-09-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オンライン配布資料へのノート機能自動付与システムの試作と活用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and utilization of lecture support system: Automatically combining text-input-fields with an existing PDF document for students' note-taking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ノート / Note  
キーワード(2)(和/英) 講義資料 / Lecture Materials  
キーワード(3)(和/英) eラーニング / e-learning  
キーワード(4)(和/英) ポートフォリオ / Portfolio  
キーワード(5)(和/英) PDF / PDF  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 星野 裕樹 / Yuki Hoshino / ホシノ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷村 祐 / Yu Tanimura / タニムラ ユウ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 広光 / Hiromitsu Nishimura / ニシムラ ヒロミツ
第3著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 示野 浩士 / Hiroshi Shimeno / シメノ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 納富 一宏 / Kazuhiro Notomi / ノウトミ カズヒロ
第5著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-28 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2013-31 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.229 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2013-09-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会