お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-28 15:45
携帯端末を用いた対話型日本語学習支援システムの開発
豊田真也田中久治佐賀大)・渡辺健次広島大)・岡崎泰久佐賀大ET2013-49
抄録 (和) 我々は実用性と利便性に優れている携帯端末を用いて,留学生を対象とした日本語学習支援システムを開発している.本システムでは,学習者はシステムと対話することにより日本語を学ぶことができる.学習者の音声は音声認識によって認識され,システムには音声合成により発話させることで,対話を可能としている.留学生が来日した際に必要な様々な場面に対応しており,その場面ごとに実用的な日本語を,会話を通して身につけることができる.また,単語を集中的に覚えるための単語暗記機能や,学習者が自身の発音を確認するための発音確認機能を実装している.携帯端末を用いたことにより実際に会話が行われる場でも学習を行うことができる. 
(英) We develop a Japanese learning support system for foreign students using Android which is superior in utility and convenience. In this system, the learner can learn Japanese by interacting with the system. Learner’s utterance is recognized by speech recognition. And the system is letting utterance by using speech synthesis. This system supports various scenes required when foreign students came to Japan. Furthermore, it is possible to learn practical Japanese through conversation for each scene. In addition, we have implemented words memorization function in order to overcome weak words. And we have implemented pronunciation confirmation function in order to check the pronunciation of own. The learner can use this system at the place where dialogues are carried out by using a mobile terminal.
キーワード (和) Android / 音声認識 / 音声合成 / 音声対話 / 日本語学習 / / /  
(英) Android / speech recognition / speech synthesis / speech dialogue / Japanese learning / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 229, ET2013-49, pp. 115-118, 2013年9月.
資料番号 ET2013-49 
発行日 2013-09-21 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2013-49

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2013-09-28 - 2013-09-28 
開催地(和) 広島大学(東広島キャンパス) 
開催地(英) Hiroshima University 
テーマ(和) 学習支援システムの新展開/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2013-09-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 携帯端末を用いた対話型日本語学習支援システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of an interactive Japanese learning support system using mobile terminal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Android / Android  
キーワード(2)(和/英) 音声認識 / speech recognition  
キーワード(3)(和/英) 音声合成 / speech synthesis  
キーワード(4)(和/英) 音声対話 / speech dialogue  
キーワード(5)(和/英) 日本語学習 / Japanese learning  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 真也 / Shinya Toyoda / トヨダ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 久治 / Hisaharu Tanaka / タナカ ヒサハル
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 健次 / Kenzi Watanabe / ワタナベ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 泰久 / Yasuhisa Okazaki / オカザキ ヤスヒサ
第4著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-28 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2013-49 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.229 
ページ範囲 pp.115-118 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2013-09-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会