電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-27 11:45
Triangular符号に基づく噴水符号
野崎隆之神奈川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 多元低密度パリティ検査符号に基づく噴水符号は,情報パケット数が有限のときに,復号性能が高いことが知られているが,復号における空間計算量が体の拡大次数に対して指数関数的に増大するという問題がある.一方,Triangular符号は情報パケットに対してシフト演算と排他的論理和を用いることで符号化を行う方式であり,ZigZag復号法を用いて効率よく復号が可能なことが知られている.本稿では,Triangular符号化を噴水符号に適用し,情報パケット数が有限のときに復号性能が高く,復号時の空間計算量の少ない噴水符号を構成する.数値実験により,提 案した噴水符号は Raptor 符号に比べ,受信パケットに関するオーバヘッドが少ないことを示す. 
(英) It is known that fountain codes based on non-binary low-density parity-check (LDPC) codes have good decoding performance when the number of source packets is finite. However, the space complexity of the decoding algorithm for fountain codes based on non-binary LDPC codes grows exponentially with the degree of a field extension. Triangular codes encode the source packets by using shift and exclusive or. It is known that the triangular codes are efficiently decoded by the zigzag decoder. In this report, by applying triangular coding and zigzag decoding to fountain codes, we propose a fountain coding system whose space decoding complexity is nearly equal to one for the raptor codes. A simulation result shows that the proposed fountain coding system outperforms raptor coding system in term of the overhead for the received packets.
キーワード (和) 噴水符号 / Triangular符号 / ZigZag復号法 / / / / /  
(英) Fountain Code / Triangular code / ZigZag decoding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 228, IT2013-37, pp. 31-36, 2013年9月.
資料番号 IT2013-37 
発行日 2013-09-20 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2013-09-27 - 2013-09-27 
開催地(和) 沖縄・カルチャーリゾート フェストーネ 
開催地(英) Culture Resort Festone (Okinawa) 
テーマ(和) 誤り訂正符号,一般(「誤り訂正符号のワークショップ」(9/25-9/27)と併催) 
テーマ(英) error correcting codes, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2013-09-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Triangular符号に基づく噴水符号 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fountain Codes Based on Triangular Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 噴水符号 / Fountain Code  
キーワード(2)(和/英) Triangular符号 / Triangular code  
キーワード(3)(和/英) ZigZag復号法 / ZigZag decoding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野崎 隆之 / Takayuki Nozaki / ノザキ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-27 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2013-37 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.228 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2013-09-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会