お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-27 15:00
4次元重区分線形系が呈するハイパカオスの分岐現象の解析
柳澤健太朗坪根 正長岡技科大CAS2013-54 NLP2013-66
抄録 (和) 本研究ではハイパカオスを呈する4次元重区分線形系で発生する分岐現象について解析を行う.ハイパカオスは自律系では4次元以上の系でのみ発生する高次元カオスであるが,その分岐現象に関する考察は十分に行われていない.また,4次元重区分線形系は区分線形リターンマップに厳密に帰着させることができ,比較的容易に解析を行うことができる系である.そこで,本稿では4次元重区分線形系にて発生する分岐現象について解析し,回路実験を用いて実システムで現象を確認する. 
(英) In this study, we consider bifurcation phenomena of hyperchaos in the four-dimensional (4-D) manifold piecewise linear system. Hyperchaos is higher dimensional chaos that is generated in only over 4-D system in the case of autonomous system, however study on the bifurcation is not sufficient. The 4-D manifold piecewise linear system can be analyzed relatively simple, because the system dynamics is reduced to a piecewise linear return map. We analyze the bifurcation of hyperchaos in the 4-D manifold piecewise linear system and confirm some phenomena in laboratory measurements.
キーワード (和) ハイパカオス / 分岐現象 / 重区分線形系 / / / / /  
(英) hyperchaos / bifurcation phenomenon / manifold piecewise linear system / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 225, NLP2013-66, pp. 101-105, 2013年9月.
資料番号 NLP2013-66 
発行日 2013-09-19 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2013-54 NLP2013-66

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2013-09-26 - 2013-09-27 
開催地(和) 岐阜大学サテライトキャンパス 
開催地(英) Satellite Campus, Gifu University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2013-09-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 4次元重区分線形系が呈するハイパカオスの分岐現象の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of hyperchaos bifurcation of four-dimensional manifold piecewise linear systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハイパカオス / hyperchaos  
キーワード(2)(和/英) 分岐現象 / bifurcation phenomenon  
キーワード(3)(和/英) 重区分線形系 / manifold piecewise linear system  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳澤 健太朗 / Kentaro Yanagisawa / ヤナギサワ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪根 正 / Tadashi Tsubone / ツボネ タダシ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-27 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2013-54,IEICE-NLP2013-66 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.224(CAS), no.225(NLP) 
ページ範囲 pp.101-105 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2013-09-19,IEICE-NLP-2013-09-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会