お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-18 15:55
フラクショナルステップ法に基づく非圧縮性流体計算専用ストリームプロセッサの設計と評価
千葉諒太郎鈴木隼人伊藤 涼佐野健太郎山本 悟東北大RECONF2013-22
抄録 (和) 本研究ではビルディングキューブ法(BCM)による高効率並列計算の実現を目指し、カスタムアクセラレータの設計を行っている。BCMでは、キューブと呼ばれる同解像度の計算格子を単位として並列計算を行う。非圧縮性流体計算手法であるフラクショナルステップ法は、その全てのステップがステンシル計算であるため、データを規則的に読み出すストリーム計算が可能である。本稿では、BCMカスタムアクセラレータ設計の第一歩として、フラクショナルステップ法による非圧縮性流体計算専用のストリームプロセッサの設計とFPGAへの実装による評価を行う。 
(英) We have designed a custom accelerator of fluid computation in order to achieve efficient parallel computation with the building-cube method (BCM). In BCM, parallel computation is performed with cubes, which are computational lattice with the same resolution. Since all steps of the Fractional step method for incompressive fluid computation are given as stencil computations, stream computation can be applied for bandwidth-efficient processing. In this paper, we design a stream processor for incompressive fluid computation as the first step in our development of a BCM accelerator, and evaluate it through FPGA implementation.
キーワード (和) FPGA / 専用計算機 / 数値流体解析 / フラクショナルステップ法 / ストリーム処理 / / /  
(英) FPGA / custom computing / computational fluid dynamics / fractional-step method / stream processor / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 221, RECONF2013-22, pp. 13-18, 2013年9月.
資料番号 RECONF2013-22 
発行日 2013-09-11 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RECONF2013-22

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2013-09-18 - 2013-09-19 
開催地(和) 北陸先端科学技術大学院大学 
開催地(英) Japan Advanced Institute of Science and Technology 
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム、一般 
テーマ(英) Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2013-09-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フラクショナルステップ法に基づく非圧縮性流体計算専用ストリームプロセッサの設計と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Evaluation of Stream Processor for Incompressive Fluid Computation based on Fractional-Step Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(2)(和/英) 専用計算機 / custom computing  
キーワード(3)(和/英) 数値流体解析 / computational fluid dynamics  
キーワード(4)(和/英) フラクショナルステップ法 / fractional-step method  
キーワード(5)(和/英) ストリーム処理 / stream processor  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 諒太郎 / Ryotaro Chiba / チバ リョウタロウ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 隼人 / Hayato Suzuki / スズキ ハヤト
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 涼 / Ryo Ito / イトウ リョウ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 健太郎 / Kentaro Sano / サノ ケンタロウ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 悟 / Satoru Yamamoto / ヤマモト サトル
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-18 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2013-22 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.221 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2013-09-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会