電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-13 11:05
[特別講演]超高速無線LAN規格IEEE802.11acの動向と今後の発展に対する課題
篠原笑子井上保彦浅井裕介アベセカラ ヒランタ溝口匡人NTTCQ2013-44 MoNA2013-33
抄録 (和) 近年,家庭内やオフィス内の通信機器増加や通信コンテンツの大容量化に従い無線LAN のトラヒックが増大している.さらに,セルラートラヒックのオフロードとしての役割も期待されており,無線LAN 製品にはさらなる高速化が今度も求められていくと考えられる.本稿では,1Gbit/s 以上のスループッを実現する超高速化規格IEEE802.11ac について,最新ドラフトから下りリンクのマルチユーザMIMO など主要技術の概要を説明し,計算機シミュレーションによりスループット向上効果を示す.さらに,今後も増加すると考えられる無線LAN 端末に対して限られた周波数帯域幅で高速,大容量化するための課題を説明する. 
(英) Wireless LAN traffic continues to grow in home, office and public places as more and more products such as tablets, smartphones, and electric appliances implement the WLAN interface. Therefore, a wireless LAN terminal will be required to achieve higher throughput. We describe the major technology of IEEE 802.11ac very high throughput wireless LAN standard which achieves more than 1 Gbit/s throughput and show computation simulation results. In addition, challenges for future wireless LAN technology is remarked.
キーワード (和) 無線LAN / IEEE 802.11ac / 下りリンクマルチユーザMIMO / 周波数利用効率 / / / /  
(英) Wireless LAN / IEEE 802.11ac / Downlink Multiuser MIMO / Frequency usage efficiently / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 208, CQ2013-44, pp. 95-100, 2013年9月.
資料番号 CQ2013-44 
発行日 2013-09-05 (CQ, MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2013-44 MoNA2013-33

研究会情報
研究会 CQ MoNA IPSJ-DPS IPSJ-GN IPSJ-EIP  
開催期間 2013-09-12 - 2013-09-13 
開催地(和) 金沢工業大学 
開催地(英) Kanazawa Institute of Technology 
テーマ(和) 無線LAN,M2M/センサネットワーク,P2P/アドホックネットワーク,モバイルアプリケーションとサービス,オフロード技術,映像配信,およびこれらの品質と省電力化,一般 
テーマ(英) Wireless LAN,M2M/Sensor network,P2P/adhoc network,Mobile application and service,Offload technique,Video delivery,and their quality and saving energy,General area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2013-09-CQ-MoNA-DPS-GN-EIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超高速無線LAN規格IEEE802.11acの動向と今後の発展に対する課題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Overview of IEEE 802.11ac Very High Throuhgput Wireless LAN Standard and Challenges for Future 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.11ac / IEEE 802.11ac  
キーワード(3)(和/英) 下りリンクマルチユーザMIMO / Downlink Multiuser MIMO  
キーワード(4)(和/英) 周波数利用効率 / Frequency usage efficiently  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 笑子 / Shoko Shinohara / シノハラ ショウコ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 保彦 / Yasuhiko Inoue / イノウエ ヤスヒコ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 裕介 / Yusuke Asai / アサイ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) アベセカラ ヒランタ / B. A. Hirantha Sithira Abeysekera / ヒランタ シティラ アベーセーカラ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 溝口 匡人 / Masato Mizoguchi / ミゾグチ マサト
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-13 11:05:00 
発表時間 35 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2013-44,IEICE-MoNA2013-33 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.208(CQ), no.209(MoNA) 
ページ範囲 pp.95-100(CQ), pp.43-48(MoNA) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2013-09-05,IEICE-MoNA-2013-09-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会