電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-13 16:20
スマートフォンサービスに対するユーザ意識分析
吉村憲子増田征貴NTTCQ2013-48
抄録 (和) 満足度の高いサービスを提供するには,様々なユーザ意識を把握し,サービス開発・改善に反映することが重要である.筆者らは,モバイルIP電話及び携帯電話通話機能を利用するユーザを対象にWebアンケートを実施し,利用実態を調査した.また,CSポートフォリオ分析を用いて,重要度と満足度に関する各サービスの位置づけを,各サービスの平均評点と全サービスの平均値で求めた相対値で確認し,ユーザ意識を分析した.本分析では,世代,サービス利用頻度で評価者を分類し,各分類でサービスの位置づけが異なることを明らかにした.本結果より,サービス開発・改善では,従来から利用されてきたメディア品質を直接評価する方法に加え,複数提供されるサービスの中で,評価対象サービスに対するユーザ意識を相対的に捉えることの優位性を明らかにした. 
(英) To ensure that smart-phone services meet the high expectations of end users, the service development and improvement based on an understanding of various users’ consciousness are important. We surveyed the use actual condition of mobile IP telephony and cellar phone in the Web questionnaire. We clarified positioning of each service using the CS portfolio analysis based on importance and degree of satisfaction, and analyzed users’ consciousness using the relative value the average marks of each service and the average value of average marks of all the services. In this analysis, it was shown clearly that positioning of service differs by each classification, which is classified according to a generation and service use frequency in an evaluator. Thus, in the service development and improvement, predominance of analyzing users’ consciousness for a service by a relative comparison of various services was clarified.
キーワード (和) スマートフォンサービス / ユーザ意識 / Webアンケート調査 / Webアンケート調査 / / / /  
(英) smartphone services / user awareness / Web survey / mobile IP phone / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 208, CQ2013-48, pp. 119-122, 2013年9月.
資料番号 CQ2013-48 
発行日 2013-09-05 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2013-48

研究会情報
研究会 CQ MoNA IPSJ-DPS IPSJ-GN IPSJ-EIP  
開催期間 2013-09-12 - 2013-09-13 
開催地(和) 金沢工業大学 
開催地(英) Kanazawa Institute of Technology 
テーマ(和) 無線LAN,M2M/センサネットワーク,P2P/アドホックネットワーク,モバイルアプリケーションとサービス,オフロード技術,映像配信,およびこれらの品質と省電力化,一般 
テーマ(英) Wireless LAN,M2M/Sensor network,P2P/adhoc network,Mobile application and service,Offload technique,Video delivery,and their quality and saving energy,General area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2013-09-CQ-MoNA-DPS-GN-EIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スマートフォンサービスに対するユーザ意識分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of User's Consciousness for Smart-phone Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スマートフォンサービス / smartphone services  
キーワード(2)(和/英) ユーザ意識 / user awareness  
キーワード(3)(和/英) Webアンケート調査 / Web survey  
キーワード(4)(和/英) Webアンケート調査 / mobile IP phone  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉村 憲子 / Noriko Yoshimura / ヨシムラ ノリコ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 征貴 / Masataka Masuda /
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-13 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2013-48 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.208 
ページ範囲 pp.119-122 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CQ-2013-09-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会