電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-12 11:10
キャリア網におけるNW機能の仮想化を考慮したサービスチェイニング方式の提案
小島久史北田裕之高谷直樹相原正夫NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 従来は専用ハードウェアで実装されていたNWサービス機能を仮想化し,汎用サーバ上に実装するNFVの検討が進んでいる.将来,キャリア網においてNWサービス機能が仮想化された場合,ユーザのトラフィックを仮想化されたNWサービス機能にルーティングするための仕組み(サービスチェイニング)が必要である.本稿では,キャリア網におけるサービスチェイニングの要求条件を明らかにし,その実現方式を提案する。また,キャリア網に適用する上でポイントとなるスケーラビリティと性能について評価する. 
(英) NFV(Network Function Virtualisation), where network functions are virtualized and implemented on the common server hardware instead of proprietary and purpose-build hardware, is progressing rapidly. In the future carrier network, where some network functions are virtualized and placed in the data centers, new routing methods called “service chaining” are needed. Service chaining is a routing technique which routes customer’s traffic to necessary virtualized network functions. We clarify requirements of service chaining in carrier networks and propose some methods of service chaining. We also evaluate our proposed methods in terms of scalability which is highly important in order to deploy in large scale networks such as carrier networks.
キーワード (和) サービスチェイニング / 経路制御 / OpenFlow / NFV / / / /  
(英) service chaining / routing / OpenFlow / NFV / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 205, NS2013-73, pp. 13-18, 2013年9月.
資料番号 NS2013-73 
発行日 2013-09-05 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS CS IN  
開催期間 2013-09-12 - 2013-09-13 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 2号館 
開催地(英) Tohoku Univ. Research Institute of Electrical Communication 2gokan 
テーマ(和) ポストIPネットワーキング、次世代・新世代ネットワーク(NGN) 、障害対策・BCP、ネットワークコーディング、セッション管理(SIP・IMS)、相互接続技術/標準化、ネットワーク構成管理及び一般 
テーマ(英) Post IP networking, Next Generation Network (NGN)/New Generation Network (NWGN), Contingency Plan/BCP, Network Coding/Network Algorithms, Session Management (SIP/IMS), Internetworking/Standardization, Network configuration, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-09-NS-CS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) キャリア網におけるNW機能の仮想化を考慮したサービスチェイニング方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Service chaining methods for network function virtualization on carrier networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サービスチェイニング / service chaining  
キーワード(2)(和/英) 経路制御 / routing  
キーワード(3)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(4)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 久史 / Hisashi Kojima / コジマ ヒサシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北田 裕之 / Hiroyuki Kitada / キタダ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 直樹 / Naoki Takaya / タカヤ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 相原 正夫 / Masao Aihara / アイハラ マサオ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-12 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-73 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.205 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-09-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会