お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-12 10:05
現代日本語書き言葉均衡コーパスより抽出した頻度情報に基づく日本語学術ライティング指導教材の作成
堀 一成坂尻彰宏阪大)・石島 悌阪府産技総研NLC2013-14
抄録 (和) 本論は、論文・レポートのライティング指導の基礎データとするため、国立国語研究所の開発した現代日本語書き言葉均衡コーパス(BCCWJ)より語彙頻度情報をマイニングし、指導に活用した報告である。
書き方指導書などでは、使用すべき用語や言い回しの事例が紹介されるが、その用例・文例の根拠が明示されていることはまれである。我々は、BCCWJの高校教科書データから動詞・名詞の頻度情報を抽出し、それをライティング指導の教材の一つとして提供した。この教材により、特定の著者や学会に偏らない、より汎用性の高いレポート作成技能を受講者に身につけさせることができると考えている。 
(英) This paper reports how we mined the word frequency information from Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese (BCCWJ) developed by National Institute for Japanese Language and Linguistics (NINJAL) and utilized it as a basic data for university-level essay writing instructions.
Many how-to books on writing provide examples of words and phrases to be used, but most of such examples lack grounds for why they are appropriate. We retrieved the frequency information of verbs and nouns from BCCWJ Corpora Data's High school text section. By using such information, we believe we can provide better-grounded instructions for writing techniques and skills that are not limited to any specific authors or academic disciplines.
キーワード (和) テキストマイニング / ライティング指導 / 語彙頻度情報 / BCCWJ / / / /  
(英) Text Mining / Writing Instruction / Word Frequency Information / BCCWJ / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 213, NLC2013-14, pp. 1-6, 2013年9月.
資料番号 NLC2013-14 
発行日 2013-09-05 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード NLC2013-14

研究会情報
研究会 NLC  
開催期間 2013-09-12 - 2013-09-13 
開催地(和) 青少年総合センター 
開催地(英) National Olympics Memorial Youth Center 
テーマ(和) 第3回テキストマイニング・シンポジウム 
テーマ(英) The Third Symposium on Text Mining 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2013-09-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 現代日本語書き言葉均衡コーパスより抽出した頻度情報に基づく日本語学術ライティング指導教材の作成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Creation of Teaching Materials for Japanese Academic Writing , Using Frequency Information Retreived from the BCCWJ Corpora Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テキストマイニング / Text Mining  
キーワード(2)(和/英) ライティング指導 / Writing Instruction  
キーワード(3)(和/英) 語彙頻度情報 / Word Frequency Information  
キーワード(4)(和/英) BCCWJ / BCCWJ  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 一成 / Kazunari Hori / ホリ カズナリ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂尻 彰宏 / Akihiro Sakajiri / サカジリ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石島 悌 / Dai Ishijima / イシジマ ダイ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立産業技術総合研究所 (略称: 阪府産技総研)
Technology Research Institute of OSAKA Prefecture (略称: TRI Osaka)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-12 10:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2013-14 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.213 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2013-09-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会