お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-12 15:35
[チュートリアル講演]車載ミリ波レーダの開発動向
小川 勝松沢晋一郎佐藤和夫豊田中研AP2013-83
抄録 (和) ADAS (先進運転支援システム)とは,ドライバの認知/判断/操作を繰り返し支援してドライバを危険な状況に近づけないためのシステムである.そのシステムのいくつかには77GHz,24GHz帯のミリ波,準ミリ波レーダ(以下,ミリ波レーダ)が主要なセンサとして利用されており,ADASのさらなる高機能化にはミリ波レーダの性能向上が重要と考えている.ミリ波レーダの課題の1つとして方位分解能の向上に着目し,その実現方法の提案と動作確認を行った結果について報告する. 
(英) Research and development of advanced driver assistance systems (ADAS) for automotive technology are progressing for realization of the safety society. Some systems have a millimeter-wave radar of 77GHz or 24GHz as a sensor. It is very important technology to realize higher resolution of the radar in next generation. In this paper, the high resolution technique in azimuth direction of the radar is presented.
キーワード (和) 先進運転支援システム / ミリ波レーダ / アンテナ / メタマテリアル構造 / 方位分解能 / / /  
(英) ADAS / Millimeter-Wave Radar / Antenna / Metamaterial Structure / Azimuth Resolution / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 203, AP2013-83, pp. 17-20, 2013年9月.
資料番号 AP2013-83 
発行日 2013-09-05 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2013-83

研究会情報
研究会 MW AP  
開催期間 2013-09-12 - 2013-09-13 
開催地(和) NHK技研 
開催地(英) NHK Science Tech. Research Lab. 
テーマ(和) マイクロ波ミリ波,一般 
テーマ(英) Microwave, mm-wave, and others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-09-MW-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車載ミリ波レーダの開発動向 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development Trend of Automotive Millimeter-Wave Radar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 先進運転支援システム / ADAS  
キーワード(2)(和/英) ミリ波レーダ / Millimeter-Wave Radar  
キーワード(3)(和/英) アンテナ / Antenna  
キーワード(4)(和/英) メタマテリアル構造 / Metamaterial Structure  
キーワード(5)(和/英) 方位分解能 / Azimuth Resolution  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 勝 / Masaru Ogawa / オガワ マサル
第1著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central Research and Development Laboratories (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松沢 晋一郎 / Shin-ichiro Matsuzawa / マツザワ シンイチロウ
第2著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central Research and Development Laboratories (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 和夫 / Kazuo Sato / サトウ カズオ
第3著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central Research and Development Laboratories (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-12 15:35:00 
発表時間 50 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-83 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.203 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2013-09-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会