電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-12 13:35
端末密度推定を用いた確率的蓄積運搬転送型ルーチング
木村共孝松田崇弘滝根哲哉阪大CQ2013-34
抄録 (和) DTN (Delay/Disruption Tolerant Network) 環境における蓄積運搬転送型ルーチング(Store-Carry-Forward
Routing) では,ネットワーク中のメッセージ複製数を如何に抑えて効率的にメッセージ配送を行うかが重要な技術課
題である.本稿では,モバイルアドホックネットワークにおいて少ない複製数で低メッセージ配送遅延を実現するた
め,端末密度推定を用いた確率的メッセージ転送方式を提案する.提案方式では,各端末は別端末と遭遇した地点の
位置情報を収集し,その情報を端末間で交換する.各端末は収集した位置情報を基にネットワーク全体の端末密度分
布を推定する.推定した密度分布に従い,端末密度の高い領域に存在する端末は小さい転送確率を用いて確率的に複
製を転送することにより,メッセージ配送遅延を維持したままネットワーク全体のメッセージ複製数を抑える.提案
方式は,密度の高い領域では高いメッセージ転送能力を有するという蓄積運搬転送型ルーチングの本質的な性質に着
目した方式である.シミュレーション実験により,メッセージ配送遅延と転送回数に関して提案方式の有効性を示す. 
(英) In store-carry-forward routing in DTN (Delay/Disruption Tolerant Network) environments, designing
efficient routing schemes is one of the most important technical issues. To reduce the number of message copies in
mobile ad hoc networks, we propose a probabilistic store-carry-forward routing scheme based on terminal density
estimation. In the proposed scheme, each terminal collects information of locations at which it encounters other
terminals, and the information is exchanged among terminals. In each terminal, the terminal density distribution
of the network is estimated with the location information. When a terminal with a message encounters other ter-
minals, it forwards its copy to them with a forwarding probability determined by the estimated distribution. The
proposed scheme utilizes the essence of store-carry-forward routing, where areas with a high terminal density have
high capability to deliver messages. Namely, it reduces the number of copies in the network by setting a lower
forwarding probability to terminals in higher density areas. With simulation experiments, we evaluate performance
of the proposed scheme in terms of mean delivery delay and the number of forwarded message copies.
キーワード (和) DTN / モバイルアドホックネットワーク / 確率的蓄積運搬転送型ルーチング / 端末密度推定 / / / /  
(英) DTN / mobile ad hoc networks / probabilistic store-carry-forward routing / terminal density estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 208, CQ2013-34, pp. 35-40, 2013年9月.
資料番号 CQ2013-34 
発行日 2013-09-05 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2013-34

研究会情報
研究会 CQ MoNA IPSJ-DPS IPSJ-GN IPSJ-EIP  
開催期間 2013-09-12 - 2013-09-13 
開催地(和) 金沢工業大学 
開催地(英) Kanazawa Institute of Technology 
テーマ(和) 無線LAN,M2M/センサネットワーク,P2P/アドホックネットワーク,モバイルアプリケーションとサービス,オフロード技術,映像配信,およびこれらの品質と省電力化,一般 
テーマ(英) Wireless LAN,M2M/Sensor network,P2P/adhoc network,Mobile application and service,Offload technique,Video delivery,and their quality and saving energy,General area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2013-09-CQ-MoNA-DPS-GN-EIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 端末密度推定を用いた確率的蓄積運搬転送型ルーチング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Probabilistic Store-Carry-Forward Routing based on Terminal Density Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(2)(和/英) モバイルアドホックネットワーク / mobile ad hoc networks  
キーワード(3)(和/英) 確率的蓄積運搬転送型ルーチング / probabilistic store-carry-forward routing  
キーワード(4)(和/英) 端末密度推定 / terminal density estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 共孝 / Tomotaka Kimura / キムラ トモタカ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 崇弘 / Takahiro Matsuda / マツダ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝根 哲哉 / Tetsuya Takine / タキネ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-12 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2013-34 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.208 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2013-09-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会