電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-12 10:35
識別子の共起頻度に基づく凝集度遷移過程の可視化と測定
岩山浩将井上純一北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ソフトウェアの保守性の評価基準の一つとして凝集度が挙げられる. 凝集度の測定にはいくつかの「凝集度メトリクス」が用いられるが, それらメトリクスの測定に関しては, 結果の解釈などについてのいくつかの問題点が知られている. 本研究では, ソースコード内で利用される識別子の共起頻度を用いることでソースコード内の凝集度を版管理システムの持つ開発履歴の変遷過程で逐次可視化し, そこから得られる共起ネットワークのグラフ中心性を議論することで凝集度を定量化する手法を提案する. 
(英) Cohesion is one of the evaluation criteria for the maintenance of software. Software developers often use appropriate ‘cohesion metrics’ for measuring and quantifying the renewal process. However, they have encoun- tered several problems concerning the unexpected low-cost performance on their inspecting and interpreting of the results. In this paper, we visualize the renewal process of the cohesion during the development history of a software from Version Control System (VCS) by using the co-occurrence of identifiers. We also propose a novel quantifying procedure based on the result of visualization. In particular, we shall quantify the cohesion by analyzing the graph centrality of the co-occurrence network.
キーワード (和) ソフトウェア解析 / 凝集度 / 共起ネットワーク / グラフ中心性 / 可視化 / / /  
(英) Software Analysis / Cohesion / Co-occurrence network / Graph centrality / Visualization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 215, KBSE2013-37, pp. 7-12, 2013年9月.
資料番号 KBSE2013-37 
発行日 2013-09-05 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2013-09-12 - 2013-09-13 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) The University of Electro-Communications 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Genaral session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2013-09-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 識別子の共起頻度に基づく凝集度遷移過程の可視化と測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualizing and measuring transition processes of cohesion based on co-occurrence of identifiers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア解析 / Software Analysis  
キーワード(2)(和/英) 凝集度 / Cohesion  
キーワード(3)(和/英) 共起ネットワーク / Co-occurrence network  
キーワード(4)(和/英) グラフ中心性 / Graph centrality  
キーワード(5)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩山 浩将 / Hiromasa Iwayama /
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 純一 / Jun-ichi Inoue /
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-12 10:35:00 
発表時間 35 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2013-37 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.215 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2013-09-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会