電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-12 14:00
低遅延型M2Mを想定したイーサネットPON伝送技術の提案
田所将志村山大輔鈴木謙一吉本直人NTT)・久保亮吾慶大CQ2013-35
抄録 (和) スマートグリッドなどのエネルギー制御分野におけるM2M(Machine-to-Machine)アプリケーションでは電力系統のリアルタイム監視を複数地点で行う必要があるため,低遅延なマルチポイントネットワークが要求される.EPON(Ethernet Passive Optical Network)は広く普及しているブロードバンド光インフラであり,M2Mなどの新しいアプリケーションを低コストで収容可能なアクセスネットワークとしても期待されている.しかし,上り伝送にMPCP(Multi-point Control Protocol)を用いるためキューイング遅延が発生し,低遅延性が要求されるアプリケーションへの適用には課題を有する.筆者らは既存アプリケーションに対しては標準のMPCPを用いたTDMA型帯域制御によるCFP(Contention-free access priod)送信を行いつつ,低遅延性が要求されるアプリケーションに対してはCAP(Contention Access Period)を用いて伝送を行うEPON向けハイブリッドアクセス方式を提案してきた.本稿では,ハイブリッドアクセス方式を適用した場合の上りフレーム伝送特性について詳細な評価を行ったので報告する. 
(英) Future M2M(Machine-to-Machine) applications such as smart grids may require ultra-low latency in networked sensing and control even at the expense of a few information losses. This paper proposes hybrid access techniques in Ethernet passive optical networks (EPONs) in order to reduce the average upstream queuing delay caused by Multi-Point Control protocol (MPCP). The proposed techniques combine existing TDMA and novel contention-based access schemes, which utilize a contention access period (CAP) and MPCP-based contention-free access period (CFP). During the CAP, an optical network unit (ONU) can send upstream data without exchanging MPCP messages. The proposed techniques are validated by a numerical analysis.
キーワード (和) 光アクセス / PON / M2M / ONU間通信 / スマートグリッド / 低遅延 / CAP / CFP  
(英) Optical Access / PON / M2M / Inter-ONU communication / smart grid / Low delay / CAP / CFP  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 208, CQ2013-35, pp. 41-46, 2013年9月.
資料番号 CQ2013-35 
発行日 2013-09-05 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2013-35

研究会情報
研究会 CQ MoNA IPSJ-DPS IPSJ-GN IPSJ-EIP  
開催期間 2013-09-12 - 2013-09-13 
開催地(和) 金沢工業大学 
開催地(英) Kanazawa Institute of Technology 
テーマ(和) 無線LAN,M2M/センサネットワーク,P2P/アドホックネットワーク,モバイルアプリケーションとサービス,オフロード技術,映像配信,およびこれらの品質と省電力化,一般 
テーマ(英) Wireless LAN,M2M/Sensor network,P2P/adhoc network,Mobile application and service,Offload technique,Video delivery,and their quality and saving energy,General area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2013-09-CQ-MoNA-DPS-GN-EIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低遅延型M2Mを想定したイーサネットPON伝送技術の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low delay access techniques in Ethernet PON for M2M applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光アクセス / Optical Access  
キーワード(2)(和/英) PON / PON  
キーワード(3)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(4)(和/英) ONU間通信 / Inter-ONU communication  
キーワード(5)(和/英) スマートグリッド / smart grid  
キーワード(6)(和/英) 低遅延 / Low delay  
キーワード(7)(和/英) CAP / CAP  
キーワード(8)(和/英) CFP / CFP  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田所 将志 / Masashi Tadokoro / タドコロ マサシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 大輔 / Daisuke Murayama / ムラヤマ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 謙一 / Ken-Ichi Suzuki / スズキ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉本 直人 / Naoto Yoshimoto / ヨシモト ナオト
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 亮吾 / Ryogo Kubo /
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-12 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2013-35 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.208 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2013-09-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会