電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-08-30 15:10
局所的な振動が可能な触覚ディスプレイ提示方式の開発 ~ 視覚のように一覧性のある情報伝達を実現するために ~
坂井忠裕半田拓也清水俊宏NHK)・村山慎二郎リクルートスタッフィング
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 視覚に障害のある人がGUIのメニューのレイアウトや図などのグラフィカルな情報を迅速に把握できることを目的に,筆者らは,既にマークアップ言語で記述した画面情報のオブジェクト単位に異なる振動パターンで提示できる異周波振動提示方式を報告した.今回,この方式の課題を改善し,新たに局所的な振動が可能な触覚ディスプレイの提示方式を開発した.本報告では,オブジェクト内の非画像部分およびオブジェクトが重なった場合について,凸あるいは振動で触覚ディスプレイに提示する方法を述べる.また,PngやBmpの画像の色相を検出し振動に変換して提示する方法を述べる.本方式を用いることにより,視覚に障害のある人がメニューのジャンルや図やグラフなどの重要な位置をより視覚的で迅速に理解する効果が期待できる. 
(英) To enable visually impaired people to efficiently comprehend graphical information, such as GUI menu layout and figures, we have already reported on a presentation method that can present vibrations for each randomly located content object using different frequencies. In this report we have solved the problems of this method and developed a presentation method for tactile displays that can vibrate at any local areas in various vibration modes. 凸 or vibration presentation method for the non-image part in the displayed object and the overlapping objects was described. Also, a presentation method that detects the hue of images such as PNG and BMP images, and converts these images into various vibrations was described. By using this method, the user can determine by touch alone the categories of items in a menu or understand information such as important positions on a map or graph. This enables the rapid transmission and understanding of information similar to that normally obtained visually.
キーワード (和) 視覚障害者 / 触覚ディスプレイ / 局所振動提示 / オブジェクト / 色相-振動変換 / / /  
(英) Visually impaired people / Tactile display / Local vibration presentation / Object / Hue-vibration conversion / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 195, WIT2013-39, pp. 85-90, 2013年8月.
資料番号 WIT2013-39 
発行日 2013-08-22 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2013-08-29 - 2013-08-30 
開催地(和) 北海道大学 情報科学研究科棟 
開催地(英) Graduate School of Information Science and Technology Bldg. 
テーマ(和) 福祉情報工学一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2013-08-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 局所的な振動が可能な触覚ディスプレイ提示方式の開発 
サブタイトル(和) 視覚のように一覧性のある情報伝達を実現するために 
タイトル(英) Development of vibration presentation method to represent arbitrary local area in tactile display. 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) 視覚障害者 / Visually impaired people  
キーワード(2)(和/英) 触覚ディスプレイ / Tactile display  
キーワード(3)(和/英) 局所振動提示 / Local vibration presentation  
キーワード(4)(和/英) オブジェクト / Object  
キーワード(5)(和/英) 色相-振動変換 / Hue-vibration conversion  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 忠裕 / Tadahiro Sakai / サカイ タダヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 半田 拓也 / Takuya Handa / ハンダ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 俊宏 / Toshihiro Shimizu / シミズ トシヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 慎二郎 / Shinjiro Murayama / ムラヤマ シンジロウ
第4著者 所属(和/英) リクルートスタッフィング (略称: リクルートスタッフィング)
Recruit Staffing (略称: Recruit Staffing)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-08-30 15:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2013-39 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.195 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2013-08-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会