お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-08-29 14:40
災害時における携帯電話基地局の船上開設に向けた実証実験
福家直樹高橋徳雄池野和弘遠藤 晃高橋 良寺尾康宏山崎伸治KDDISAT2013-24
抄録 (和) 東日本大震災では、広範囲に渡って携帯電話基地局が障害を受け、携帯サービスが利用できない状況が発生した。災害時、携帯電話は特に重要な通信手段であるため、車載型基地局、可搬型基地局、無線エントランス回線などを駆使してサービスエリアの早期復旧に努めたが、陸路の寸断により現地到達に時間を要する場合も少なくなかった。このような教訓から、地上の被災状況に左右されない海上からのサービスエリア復旧について検討を進めている。効果を検証するため、船舶上に設置した実験試験局(携帯電話基地局に相当)の実証実験を行い、海上電波伝搬の状況、船舶の動揺による受信レベルや通信品質への影響などに関する基本データを取得した。
本実験は、総務省中国総合通信局で平成24年度に開催した「災害時における携帯電話基地局の船上開設に向けた調査検討」における実地試験として実施した。 
(英) In the aftermath of the Great East Japan Earthquake, a huge number of mobile base stations were widely damaged, resulting in the service outage in our mobile services. As the mobile communication system is nowadays an important infrastructure particularly in disaster relief operations, we tried to recover service areas early utilizing vehicle-mounted base stations, portable base stations and wireless entrance links, but severed roads prevented us from reaching disaster areas in many cases. Having learned lessons from the earthquake, we are strengthening our disaster countermeasures, one of which is a service recovery from the sea where the damage is independent of disaster situations on land. In order to evaluate the feasibility, we measured basic communication data such as radio propagation characteristics over sea, fluctuations of receiving signal level and communications quality by a vessel’s motion, etc. through the field trial with an onboard-vessel mobile base station.
This field trial was carried out as part of a feasibility study panel towards possible implementation of onboard-vessel mobile base station for disaster recovery, hosted by Chugoku Bureau of Telecommunications, Ministry of Internal Affairs and Communications in 2012.
キーワード (和) 携帯電話 / 基地局 / 船舶 / 船上 / 災害復旧 / / /  
(英) mobile system / base station / onboard vessel / disaster recovery / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 193, SAT2013-24, pp. 17-22, 2013年8月.
資料番号 SAT2013-24 
発行日 2013-08-22 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2013-24

研究会情報
研究会 RCS SAT  
開催期間 2013-08-29 - 2013-08-30 
開催地(和) 信州大学 
開催地(英) Shinshu Univ. 
テーマ(和) 移動衛星通信、放送、誤り訂正、無線通信一般 
テーマ(英) Mobile Satellite Communications, Broadcasting, Error Correction, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2013-08-RCS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 災害時における携帯電話基地局の船上開設に向けた実証実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A field trial towards possible implementation of onboard-vessel mobile base station for disaster recovery 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 携帯電話 / mobile system  
キーワード(2)(和/英) 基地局 / base station  
キーワード(3)(和/英) 船舶 / onboard vessel  
キーワード(4)(和/英) 船上 / disaster recovery  
キーワード(5)(和/英) 災害復旧 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福家 直樹 / Naoki Fuke / フケ ナオキ
第1著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 徳雄 / Norio Takahashi / タカハシ ノリオ
第2著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池野 和弘 / Kazuhiro Ikeno / イケノ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 晃 / Akira Endou / エンドウ アキラ
第4著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 良 / Ryo Takahashi / タカハシ リョウ
第5著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺尾 康宏 / Yasuhiro Terao / テラオ ヤスヒロ
第6著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 伸治 / Shinji Yamasaki / ヤマサキ シンジ
第7著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-08-29 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2013-24 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.193 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2013-08-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会