電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-08-28 15:15
テンプレート保護アルゴリズムのセキュリティ概念の関係
井沼 学城西大)・大塚 玲産総研
抄録 (和) 本稿は, Simoens らや Nagar らが提案しているテンプレート保護アルゴリズムに対する種々の評価尺度の中で, セキュリティ評価尺度に焦点を当て, それらの厳密な定式化を与える. Simoens らは, テンプレート保護アルゴリズムに対して包括的な性能評価基準を定義しているが, 精度評価と同様に, 実験的な評価尺度としてセキュリティ評価尺度を定義している. Nagar らも, 2 要素認証のシナリオにおいて, 実験的な評価尺度としてセキュリティ評価尺度を与えている. このような精度評価ベースの実験的セキュリティ評価尺度の問題点の 1 つは, それぞれの評価尺度で達成可能なセキュリティの関係があいまいになることである. そこで, 本稿では, Pseudonymous Identifier (PI) と Auxiliary Data (AD) を用いる 2 要素認証において, その一方あるいは両方を攻撃者が入手するという仮定で, セキュリティ概念の厳密な定式化を行い, その関係を示す. 
(英) This paper gives the formal definitions for security metrics proposed by Simoens et al. and Nagar et al., and analyze the relations. Simoens et al. defined comprehensive metrics for all biometric template protection algorithms. Their security-related metrics are defined as the measurement of performance in various setting. Whereas Nagar et al. also defined similar but different performance-based metrics with a focus on the two-factor authentication scenario. One problem of performance-based metrics is its ambiguous relation with the security goals often discussed in the context of biometric cryptosystems. The objective of this paper is to complement the previous work by Simoens et al. in two points: (1) it gives formal definitions for metrics defined by Simoens et al. in order to make it applicable to biometric cryptosystems, and (2) it covers all security metrics for every variation in the two-factor authentication scenario, namely both or either of the key and/or the protected template is given to adversary.
キーワード (和) テンプレート保護 / セキュリティ / Irreversibility / Unlinkability / / / /  
(英) Template protection / Security / Irreversibility / Unlinkability / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BioX  
開催期間 2013-08-27 - 2013-08-28 
開催地(和) 大阪大学 産業科学研究所 
開催地(英) The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka Univ. 
テーマ(和) バイオメトリクス, 一般 
テーマ(英) Biometrics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2013-08-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テンプレート保護アルゴリズムのセキュリティ概念の関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relations among Security Metrics for Template Protection Algorithms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テンプレート保護 / Template protection  
キーワード(2)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(3)(和/英) Irreversibility / Irreversibility  
キーワード(4)(和/英) Unlinkability / Unlinkability  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井沼 学 / Manabu Inuma / イヌマ マナブ
第1著者 所属(和/英) 城西大学 (略称: 城西大)
Josai University (略称: JU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 玲 / Akira Otsuka / オオツカ アキラ
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-08-28 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BioX 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会