お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-08-22 17:05
放電の点描で製作された長周期光ファイバグレーティングの放電条件の違いによる共振波長変動
森下克己山本裕也阪電通大OFT2013-15
抄録 (和) 長周期光ファイバグレーティングの共振波長の変動は,長周期光ファイバグレーティングを用いる光デバイスの設計及び製作に大きな問題を引き起こす.放電による点描で製作した長周期光ファイバグレーティングにおいて,共振波長は放電条件を変えると大きく変動することを初めて明らかにした.電極間隔を狭く,放電電流を強くするほど,放電時間に対する共振波長の変動は大きくなり,その変動幅は20 nmにもなった.放電時間を次第に長くしていくと,最初共振波長は短波長側に移動し,最小になった後,長波長側に移動し始めた.この共振波長の変化は,緩和時間の短い残留応力緩和と緩和時間の長いガラス構造緩和の競合により起こると考えられる. 
(英) Resonance wavelength fluctuations in long-period fiber gratings (LPFGs) cause a major issue for the design and production of optical devices based on LPFGs. It was demonstrated for the first time to our knowledge that resonance wavelengths of arc-induced LPFGs were fluctuated greatly by different discharge conditions. The narrower electrode spacing and the stronger discharge current induced the larger resonance wavelength fluctuation versus discharge time. The range of the resonance wavelength fluctuations reached 20 nm. As the discharge time increased, the resonance wavelengths decreased at first, and reached the minimum, and then began to increase. This resonance wavelength behavior is thought to result from the competition between the residual stress relaxation and the glass structure relaxation whose relaxation time is longer than the stress relaxation time.
キーワード (和) 長周期光ファイバグレーティング / 共振波長変動 / アーク放電 / 放電条件 / ガラス構造変化 / 残留応力緩和 / /  
(英) Long-Period Fiber Grating / Resonance Wavelength Fluctuation / Arc Discharge / Discharge Condition / Glass Structure Relaxation / Residual Stress Relaxation / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 183, OFT2013-15, pp. 11-16, 2013年8月.
資料番号 OFT2013-15 
発行日 2013-08-15 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2013-15

研究会情報
研究会 OFT OCS  
開催期間 2013-08-22 - 2013-08-23 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 光ファイバケーブル・コード、通信用光ファイバ、光ファイバ線路構成部品、光線路保守監視・試験技術、接続・配線技術、光ファイバ測定技 術、光コネクタ、ホーリーファイバ、機能性光ファイバ、光信号処理、光 ファイバ型デバイス、光測定器、レーザ加工、ハイパワーレーザ光輸送、 光給電、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2013-08-OFT-OCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 放電の点描で製作された長周期光ファイバグレーティングの放電条件の違いによる共振波長変動 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Resonance Wavelength Fluctuations Caused by Different Discharge Conditions in Long-Period Fiber Gratings Fabricated by a Point-by-Point Arc Discharge Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 長周期光ファイバグレーティング / Long-Period Fiber Grating  
キーワード(2)(和/英) 共振波長変動 / Resonance Wavelength Fluctuation  
キーワード(3)(和/英) アーク放電 / Arc Discharge  
キーワード(4)(和/英) 放電条件 / Discharge Condition  
キーワード(5)(和/英) ガラス構造変化 / Glass Structure Relaxation  
キーワード(6)(和/英) 残留応力緩和 / Residual Stress Relaxation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森下 克己 / Katsumi Morishita / モリシタ カツミ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Comm. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 裕也 / Yuya Yamamoto / ヤマモト ユウヤ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Comm. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-08-22 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2013-15 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.183 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OFT-2013-08-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会