電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-08-09 16:50
両耳情報に基づく音の包み込まれ感の推定モデルに関する一考察
渡邉一樹山梨大)・澤谷郁子大出訓史NHK)・小野一穂NHKエンジニアリングシステム)・安藤彰男NHK)・小澤賢司山梨大EA2013-63
抄録 (和) 本研究では,音の包み込まれ感を計測に基づいて推定するためのモデルを構築した.
従来の研究では,両耳に到達する音に基づいた,音の包み込まれ感の推定は行われなかった.
そこで,本研究では,聴取者は音の両耳情報に基づいて包み込まれ感を感じることに着目し,音の包み込まれ感を推定するモデルの構築を行った.
具体的には,両耳間相互相関係数(IACC),両耳間音圧レベル差(ILD)に注目し,重回帰分析あるいはニューラルネットワーク(NN)により推定を行うモデルを構築した.
IACCとILDを組合せ,NNにより構築したモデルでは,モデル出力と主観評価実験により得られた値の相関係数が0.91,寄与率は0.83となった. 
(英) This study examined a computational model to estimate the sense of sound envelopment.
In our previous study,a model for estimating this sense was proposed but it did not involve the property of our hearing sense.
In this study,we focused on that a listener perceives the sense of sound envelopment based on binaural information.
Two types of models,i.e. a multiple linear regression based model and a neural network (NN) based model,were examined using the binaural information of Interaural Level differences (ILDs) and/or Interaural cross-correlation coefficients (IACCs) as inputs.
The best estimation,in which the contribution ratio was 0.83,was obtained by the NN based model using ILDs and IACCs as inputs.
キーワード (和) 包み込まれ感 / 推定モデル / 両耳間相互相関係数 / 両耳間音圧レベル差 / ニューラルネットワーク / / /  
(英) Sound envelopment / Estimation model / Cross-correlation coefficient / Interaural level difference / Neural networks / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 177, EA2013-63, pp. 63-68, 2013年8月.
資料番号 EA2013-63 
発行日 2013-08-02 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2013-63

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2013-08-09 - 2013-08-09 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) 音響信号処理,聴覚,一般 
テーマ(英) Acoustic Signal Processing, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2013-08-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 両耳情報に基づく音の包み込まれ感の推定モデルに関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on an estimation model of sound envelopment based on binaural information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 包み込まれ感 / Sound envelopment  
キーワード(2)(和/英) 推定モデル / Estimation model  
キーワード(3)(和/英) 両耳間相互相関係数 / Cross-correlation coefficient  
キーワード(4)(和/英) 両耳間音圧レベル差 / Interaural level difference  
キーワード(5)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural networks  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 一樹 / Kazuki Watanabe / ワタナベ カズキ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤谷 郁子 / Ikuko Sawaya / サワヤ イクコ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大出 訓史 / Satoshi Oode / オオデ サトシ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 一穂 / Kazuho Ono / オノ カズホ
第4著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングシステム (略称: NHKエンジニアリングシステム)
NHK Engineering System, Inc. (略称: NHK-ES)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 彰男 / Akio Ando / アンドウ アキオ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 賢司 / Kenji Ozawa / オザワ ケンジ
第6著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-08-09 16:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2013-63 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.177 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2013-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会