お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-08-08 14:30
Single-pump, Tunable Wavelength Converter Based on PPLN Waveguides Designed by the Layer Peeling
Andre AlbuquerqueInstituto de Telecomunicacoes)・Benjamin PuttnamNICT)・Miguel DrummondInstituto de Telecomunicacoes)・Satoshi ShinadaNICT)・Rogerio NogueiraInstituto de Telecomunicacoes)・Naoya WadaNICTPN2013-11
抄録 (和) In this work, we used the layer peeling algorithm combined with the deleted-reversal method to design and produce a PPLN device with a 400 GHz quasi-rectangular conversion response for SFG. A good agreement between target and experimental spectral response of the device was observed.
The manufactured PPLN was used to perform single-pump, tunable wavelength conversion of 8?2.5 Gsymbol/s QPSK channels in a 50 GHz WDM grid. Conversion efficiency values of about -30 dB and maximum OSNR penalty of 2 dB at BER = 10-3 are reported. We observed that the performance of the wavelength converter was affected by parasitic non-linear interactions that can be mitigated by increasing the peak to side lobes ratio. 
(英) In this work, we used the layer peeling algorithm combined with the deleted-reversal method to design and produce a PPLN device with a 400 GHz quasi-rectangular conversion response for SFG. A good agreement between target and experimental spectral response of the device was observed.
The manufactured PPLN was used to perform single-pump, tunable wavelength conversion of 8?2.5 Gsymbol/s QPSK channels in a 50 GHz WDM grid. Conversion efficiency values of about -30 dB and maximum OSNR penalty of 2 dB at BER = 10-3 are reported. We observed that the performance of the wavelength converter was affected by parasitic non-linear interactions that can be mitigated by increasing the peak to side lobes ratio.
キーワード (和) Periodically Poled Lithium Niobate / Wavelength Conversion / Non-linear Optics / / / / /  
(英) Periodically Poled Lithium Niobate / Wavelength Conversion / Non-linear Optics / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 175, PN2013-11, pp. 19-24, 2013年8月.
資料番号 PN2013-11 
発行日 2013-08-01 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2013-11

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2013-08-08 - 2013-08-09 
開催地(和) 北海道大学 大学院情報科学研究科 A13講義室 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2013-08-PN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Single-pump, Tunable Wavelength Converter Based on PPLN Waveguides Designed by the Layer Peeling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Periodically Poled Lithium Niobate / Periodically Poled Lithium Niobate  
キーワード(2)(和/英) Wavelength Conversion / Wavelength Conversion  
キーワード(3)(和/英) Non-linear Optics / Non-linear Optics  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Andre Albuquerque / Andre Albuquerque /
第1著者 所属(和/英) Instituto de Telecomunicacoes (略称: Instituto de Telecomunicacoes)
Instituto de Telecomunicacoes (略称: Instituto de Telecomunicacoes)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Benjamin Puttnam / Benjamin Puttnam /
第2著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Miguel Drummond / Miguel Drummond /
第3著者 所属(和/英) Instituto de Telecomunicacoes (略称: Instituto de Telecomunicacoes)
Instituto de Telecomunicacoes (略称: Instituto de Telecomunicacoes)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Satoshi Shinada / Satoshi Shinada /
第4著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Rogerio Nogueira / Rogerio Nogueira /
第5著者 所属(和/英) Instituto de Telecomunicacoes (略称: Instituto de Telecomunicacoes)
Instituto de Telecomunicacoes (略称: Instituto de Telecomunicacoes)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Naoya Wada / Naoya Wada /
第6著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-08-08 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2013-11 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.175 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2013-08-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会