お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-08-03 14:30
韓国語ソウル方言における上昇下降音調の語用論的機能 ~ 日本語東京方言の終助詞「よ」との比較を通して ~
金 英周広島大TL2013-17
抄録 (和) 韓国語ソウル方言には,さまざまなタイプの文末(境界)音調があることが知られている(Jun, 2000; Park, 2013). しかし,それぞれの音調がどのような語用論的機能を担っているのかは,まだ十分に明らかにされていない.本研究では,ピッチの上昇及び下降に持続時間の増加を伴う特徴的な文末音調を対象に,日本語東京方言の終助詞「よ」と比較しつつ,その語用論的機能を検討する. 
(英) It has been observed that Seoul Korean has various kinds of sentence-final (boundary) tones (June, 2000; Park, 2013). Nevertheless, little is known about the pragmatic functions each tone pattern. In this paper, we focus on an up-and-down tone pattern associated with the lengthening of sentence final syllable. We analyze its pragmatic function through a contrastive analysis between Japanese sentence-final particle ‘yo’.
キーワード (和) 韓国語ソウル方言 / 日本語東京方言 / 文末(境界)音調 / 終助詞 / 語用論的機能 / / /  
(英) Seoul Korean / Tokyo Japanese / sentence-final (boundary) tone / sentence-final particle / pragmatic function / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 174, TL2013-17, pp. 19-24, 2013年8月.
資料番号 TL2013-17 
発行日 2013-07-27 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2013-17

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2013-08-03 - 2013-08-04 
開催地(和) 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin University, Osaka Umeda Campus 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Language Processing and Learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2013-08-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 韓国語ソウル方言における上昇下降音調の語用論的機能 
サブタイトル(和) 日本語東京方言の終助詞「よ」との比較を通して 
タイトル(英) Pragmatic Function of Raising and Falling Sentence-Final Tone in Seoul Korean 
サブタイトル(英) Through a Comparison with Japanese Sentence-Final Particle 'yo' 
キーワード(1)(和/英) 韓国語ソウル方言 / Seoul Korean  
キーワード(2)(和/英) 日本語東京方言 / Tokyo Japanese  
キーワード(3)(和/英) 文末(境界)音調 / sentence-final (boundary) tone  
キーワード(4)(和/英) 終助詞 / sentence-final particle  
キーワード(5)(和/英) 語用論的機能 / pragmatic function  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 英周 / Youngju Kim /
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-08-03 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2013-17 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.174 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2013-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会