電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-08-02 11:40
大規模災害時のための不揮発性ネットワーキングの提案
北形 元笹井一人高橋秀幸木下哲男東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,大規模災害時における通信需要の極端な増加,電力供給の停止,通
信路の切断など,極めて厳しい条件下において円滑な通信を実現する不揮発性
ネットワーキングを提案する.
大規模災害時においては,極端な通信需要の増加状態の継続により輻輳が緩和
されず,大規模な通信障害が長時間に渡り続く.このような不安定な通信品質
の下で,中継ノードでデータを一時蓄積しながら中継していく技術として
DTN(Delay Tolerant Networking)が提案されており,これを活用した災害時の
情報通信方式も提案されているが,DTNがその性質上,送信のみの単方向通信で
あるという点から,安否情報や避難情報など,情報入手に利用することは難し
い.
そこで本稿では,利用者端末からのリクエストとサーバからのレスポンスの両
者をひも付けながらネットワーク上に保持することで,リクエストを送信して
からサーバからのレスポンスを受信の間に,利用者端末をネットワークから切
断し可能とする,不揮発性ネットワーキングを提案し,その主要技術について
述べる. 
(英) In this paper, we propose non-volatile networking which enables smooth
communication even when network is seriously damaged due to quite
heavy load of traffic or power failure under the situation of
large-scale disaster.
Under the large-scale disaster, failure of communication continue for
a long time because communication demand is drastically and
continuously increased too much. To cope with such a rough situation,
DTN (Delay Tolerant Networking) technology was proposed. DTN makes it
enable to transfer data bundle by storing and forwarding at relay
node. By utilizing DTN, some disaster-resilient communication schemes
are proposed, but due to its one-way data transfer nature of DTN, it
is difficult to utilize DTN to bi-directional communication such as
safety confirmation or information retrieval.
To solve the above problem, we propose non-volatile networking
technique. The non-volatile networking enables a user to to disconnect
a mobile terminal from network while waiting the response from a
server by keeping both a request and a response on network. In this
paper, we describe core technologies of non-volatile networking.
キーワード (和) 不揮発性ネットワーキング / 耐災害ICT / DTN / / / / /  
(英) Non-volatile Networking / Disaster Resilient ICT / DTN / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 168, MoNA2013-24, pp. 63-66, 2013年8月.
資料番号 MoNA2013-24 
発行日 2013-07-25 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2013-08-01 - 2013-08-02 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) モバイルネットワーク、モバイルアプリケーション、モバイルマルチメディア、モバイルサービスおよび一般 
テーマ(英) Mobile network, Mobile application, Mobile multimedia, Mobile service, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2013-08-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模災害時のための不揮発性ネットワーキングの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Non-volatile networking for large scale disaster 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 不揮発性ネットワーキング / Non-volatile Networking  
キーワード(2)(和/英) 耐災害ICT / Disaster Resilient ICT  
キーワード(3)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北形 元 / Gen Kitagata / キタガタ ゲン
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹井 一人 / Kazuto Sasai / ササイ カズト
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 秀幸 / Hideyuki Takahashi / タカハシ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 哲男 / Tetsuo Kinoshita / キノシタ テツオ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-08-02 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2013-24 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.168 
ページ範囲 pp.63-66 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MoNA-2013-07-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会