お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-08-02 09:45
ミリ波帯無線アクセスゲートシステムにおける移動予測精度がオフロード率とトラヒック量に及ぼす影響
谷崎雄太東工大)・佐々木 力田上敦士KDDI研)・山岡克式東工大MoNA2013-20
抄録 (和) 近年,スマートフォンやタブレットPC 等の,高性能で多機能な携帯無線通信端末が急速に普及している.
これらの端末では,マイクロ波帯以下の周波数帯を使用する3G やLTE,WiMAX といった無線アクセスネットワー
クを利用し,場所を問わずインターネットへの接続を可能としている.しかし,昨今のスマートフォンの急速な普及
や,コンテンツの大容量化によって,携帯無線通信端末が生成するトラヒックは爆発的に急増し,これらの無線アクセ
スネットワークに用いられている周波数帯は,ひっ迫状態にある.そのため,周波数ひっ迫度の比較的低い周波数帯
へのデータオフロードを早期に実現する必要がある.そこで,無線アクセスネットワークで携帯無線通信端末が生成
するトラヒックの一部を,周波数ひっ迫度の低い,ミリ波帯へ迂回させることを目的として,ミリ波帯無線アクセス
ゲートシステムが提案されている.本システムでは,端末の移動予測に基づいてデータ片を適切に各ゲートに配信す
るため,実際にシステム設計を検討する際には,移動予測に誤差が生じた場合の配信特性への影響を考える必要があ
る.本稿では,ミリ波帯無線アクセスゲートシステムにおいて,移動予測精度に対する,オフロード率とバックボー
ンネットワークに流れるトラヒック量の関係をシミュレーションにより検討し,これらがトレードオフ関係にあるこ
とを示した.また,今後,移動予測手法を検討する際の目標値とする指標や,実際にシステム設計を検討する際に考
慮すべき設計指針を得た. 
(英) Recently, high-functional mobile devices (ex.smartphone,tablet PC) are immedeately spreading. They
can access the Intenet by wireless access network (3G,LTE,WiMAX) whose frequency band is less than micro- meter
band. However,according to the widespread of smartphone and alarge-capacity contents, wireless demand exceeds
the spectrum capacity. To solve this, wireless access gate system which is designed to shift tracs occured in mi-
cro-meter wave band wave to in miri-meter wave bandis proposed. In this system ,when user wants to get contents
in internet,contents server has to distribute the contents to some gates before user pass by mobility predction.So
we consider e ects of an error in prediction on this system. In this paper,we reveal e ects of mobility prediction
accuracy on ooad rate and a backbone network trac volume. From the results of computer simulation,we could
get a guiding principle on designing a mobility prediction method.
キーワード (和) ミリ波 / データオフロード / コンテンツ配信 / 移動予測 / オフロード率 / トラヒック量 / /  
(英) Milimeter-wave / Data offload / Contents distribution / Mobility prediction / Offload rate / Traffic volume / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 168, MoNA2013-20, pp. 41-45, 2013年8月.
資料番号 MoNA2013-20 
発行日 2013-07-25 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2013-20

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2013-08-01 - 2013-08-02 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) モバイルネットワーク、モバイルアプリケーション、モバイルマルチメディア、モバイルサービスおよび一般 
テーマ(英) Mobile network, Mobile application, Mobile multimedia, Mobile service, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2013-08-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波帯無線アクセスゲートシステムにおける移動予測精度がオフロード率とトラヒック量に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of Mobility Predecition Accuracy on Ooad Rate and Trac Volume for Wireless Access Gate System in MMW Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波 / Milimeter-wave  
キーワード(2)(和/英) データオフロード / Data offload  
キーワード(3)(和/英) コンテンツ配信 / Contents distribution  
キーワード(4)(和/英) 移動予測 / Mobility prediction  
キーワード(5)(和/英) オフロード率 / Offload rate  
キーワード(6)(和/英) トラヒック量 / Traffic volume  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷崎 雄太 / Yuta Tanizaki / タニザキ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 力 / Chikara Sasaki / ササキ チカラ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc (略称: KDDI R&D Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田上 敦士 / Atsushi Tagami / タガミ アツシ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc (略称: KDDI R&D Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-08-02 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2013-20 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.168 
ページ範囲 pp.41-45 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MoNA-2013-07-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会