お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-26 14:10
PBLへのDaaS開発環境の導入事例
細合晋太郎亀井靖高大迫周平九大)・井垣 宏阪大)・鵜林尚靖福田 晃九大SS2013-30 KBSE2013-30
抄録 (和) 本コースでは,PBLの基礎教育として書店の書籍管理を行うエンタープライズアプリケーションの開発を事例に教育を行っている.従来のPBLでは,受講生の所持PCに開発環境並びに実行環境のセットアップを行い,個別に開発を進めていた.本件では,受講生が利用する開発環境,実行環境をクラウド上のDaaS環境として導入した事例を紹介する.DaaS環境を利用することにより,全受講生に統一された開発環境を容易に提供できるとともに,受講生の開発状況の把握が容易となった. 
(英) Our course has been carrying out PBL basic education through the development of an enterprise application for book management in bookstores. In previous PBL, students installed development and runtime environments on their PCs and conducted the development individually. In this paper, we describe a case study for PBL education, in which the DaaS environment running on cloud is introduced as the development and runtime environment for students. Through utilization of DaaS, it becomes easier to provide a uniform development environment for all students, and to comprehend students’ development status.
キーワード (和) PBL / DaaS / 教育 / / / / /  
(英) PBL / DaaS / Education / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 159, SS2013-30, pp. 103-108, 2013年7月.
資料番号 SS2013-30 
発行日 2013-07-18 (SS, KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2013-30 KBSE2013-30

研究会情報
研究会 SS KBSE  
開催期間 2013-07-25 - 2013-07-26 
開催地(和) 北海道立道民活動センター [かでる2.7] 710会議室(7階) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Genaral session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2013-07-SS-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PBLへのDaaS開発環境の導入事例 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Case Study on Introducing the DaaS Development Environment into PBL 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PBL / PBL  
キーワード(2)(和/英) DaaS / DaaS  
キーワード(3)(和/英) 教育 / Education  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 細合 晋太郎 / Shintaro Hosoai / ホソアイ シンタロウ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀井 靖高 / Yasutaka Kamei / カメイ ヤスタカ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大迫 周平 / Shuhei Ohsako / オオサコ シュウヘイ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井垣 宏 / Hiroshi Igaki / イガキ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜林 尚靖 / Naoyasu Ubayashi / ウバヤシ ナオヤス
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 晃 / Akira Fukuda / フクダ アキラ
第6著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-26 14:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2013-30,IEICE-KBSE2013-30 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.159(SS), no.160(KBSE) 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2013-07-18,IEICE-KBSE-2013-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会