お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-26 13:50
準天頂及び静止衛星の信号シミュレータによる地域的測位実験
山田英輝東京海洋大)・藤田征吾三菱電機)・齊藤真二坂井丈泰伊藤 憲電子航法研SANE2013-39
抄録 (和) 準天頂衛星システムは我が国の衛星航法システムであり,特定の地域を対象とした航法サービスを提供する.準天頂衛星システムの当初のコンセプトは,自律的な測位の実現のために4機以上の準天頂軌道または静止軌道の衛星を配備するというものである. 本報では準天頂及び静止衛星の信号シミュレータにより信号を生成して,実際の受信機における測位精度の評価を実施した.実験の結果,準天頂衛星システムのみによる単独測位精度は水平で10 m,垂直で14 m程度となることを確認した. 
(英) QZSS (Quasi-Zenith Satellite System) is a Japanese satellite navigation program with a regional service coverage. The original concept of QZSS consists of four or more satellites on so-called Quasi-Zenith orbit and optional geostationary satellites, so as to enable the satellite positioning independent of GPS. In this paper, we evaluated the position accuracy achieved by candidate QZSS constellation with a signal generator and a receiver. It was confirmed that the navigation by the QZSS constellation could achieve the horizontal accuracy of 10 m or better and the vertical accuracy of 14 m or better.
キーワード (和) 全世界的航法衛星システム / 準天頂衛星システム / 地域的航法衛星システム / 信号シミュレータ / / / /  
(英) GNSS / QZSS / RNSS / Signal Simulator / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 165, SANE2013-39, pp. 13-16, 2013年7月.
資料番号 SANE2013-39 
発行日 2013-07-19 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2013-39

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2013-07-26 - 2013-07-26 
開催地(和) 電子航法研究所 
開催地(英) Electric Navigation Research Institute 
テーマ(和) 航法・交通管制及び一般 
テーマ(英) Navigation, trafic control and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2013-07-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 準天頂及び静止衛星の信号シミュレータによる地域的測位実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experiment of Regional Navigation by Using QZS/GEO Signal Simulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全世界的航法衛星システム / GNSS  
キーワード(2)(和/英) 準天頂衛星システム / QZSS  
キーワード(3)(和/英) 地域的航法衛星システム / RNSS  
キーワード(4)(和/英) 信号シミュレータ / Signal Simulator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 英輝 / Hideki Yamada / ヤマダ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine Science and Technology (略称: TUMST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 征吾 / Seigo Fujita / フジタ セイゴ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 鎌倉製作所 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 真二 / Shinji Saitoh / サイトウ シンジ
第3著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 丈泰 / Takeyasu Sakai / サカイ タケヤス
第4著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 憲 / Ken Ito / イトウ ケン
第5著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-26 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2013-39 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.165 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SANE-2013-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会