お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-26 15:25
イメージメディアクオリティのコンテンツ依存性に対する基礎検討
稲積泰宏堀田裕弘富山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) イメージメディアクオリティを人が判断する主観評価では,ノイズの量と対象コンテンツの影響を受けることが知られている.ノイズの量は定量化が容易である一方,対象コンテンツの影響を定量化することは困難である.そのため,主観評価値を推定する客観評価モデルを構築する際には,対象コンテンツ自体が人に与える影響を知る必要がある.そこで本稿では,イメージメディアとして写真を対象とし,コンテンツの好みを求める主観評価実験を行い,コンテンツ依存性を明らかにする.実験結果より,コンテンツの好みは平均値と標準偏差の分布から大きく4つに分類できることがわかった.また,それらの分類ごとに好みの理由は異なる傾向があることを確認した. 
(英) Subjective evaluation of Image Media Quality is affected by quantifiable noise and non-quantifiable content dependency. In this paper, we focus on a subjective assessment of the appeal of interesting photos. Several reasons for the positive or negative assessment of photos are also described. The experimental results show that there is a relationship between the average value of appealing quality and standard deviation. The results show the importance of knowing why an observer determines a photo to be appealing or unappealing.
キーワード (和) イメージメディアクオリティ / コンテンツ依存性 / 主観評価 / / / / /  
(英) Image Media Quality / content dependency / subjective evaluation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 164, IMQ2013-9, pp. 21-24, 2013年7月.
資料番号 IMQ2013-9 
発行日 2013-07-19 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2013-07-26 - 2013-07-26 
開催地(和) 岩手大学 
開催地(英) Iwate University 
テーマ(和) CGとIMQ一般 
テーマ(英) Computer Graphics, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2013-07-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) イメージメディアクオリティのコンテンツ依存性に対する基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A fundamental experiment of content dependency for Image Media Quality 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) イメージメディアクオリティ / Image Media Quality  
キーワード(2)(和/英) コンテンツ依存性 / content dependency  
キーワード(3)(和/英) 主観評価 / subjective evaluation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲積 泰宏 / Yasuhiro Inazumi / イナヅミ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 裕弘 / Yuukou Horita / ホリタ ユウコウ
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-26 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2013-9 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IMQ-2013-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会