電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-26 16:15
TotalVariation正則化を用いた単一画像の超解像における画質改善
鶴崎裕貴亀田昌志岩手県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 超解像は,高周波成分の復元を伴う画像拡大を目的に開発された画像処理技術である.従来手法ではTotaVariation正則化を用いた複数の高周波画像の組み合わせによる単一画像での超解像手法を提案した.しかし,従来手法による拡大画像の一部に画質劣化が発生するという問題があった.本研究では,高周波補填における理想解を用いて考察することで,この画質劣化の原因を調査する.それを踏まえて,従来手法の拡大画像と同等の画質を保ちつつ,画質劣化を低減する手法を提案する. 
(英) In order to improve the image quality of enlarged image, the super resolution by single image based on total variation(TV) regularization has been proposed. However, the previous method has a problem that visual distortion in the enlarged image is generated. This paper investigates deterioration of the image quality using ideal high frequency component which is obtained by the difference of between the original images with different resolution. It is seen in the experimental result, that the proposed method can decrease the visual distortion in spite of the compensation of higher component is as same as previous method.
キーワード (和) 超解像 / TotalVariation正則化 / ハイブリッドテクスチャ画像 / bicubic法 / / / /  
(英) Super Resolution / Total Variation Regularization / Hybrid Texture Image / Bicubic Interpolation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 164, IMQ2013-11, pp. 31-36, 2013年7月.
資料番号 IMQ2013-11 
発行日 2013-07-19 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2013-07-26 - 2013-07-26 
開催地(和) 岩手大学 
開催地(英) Iwate University 
テーマ(和) CGとIMQ一般 
テーマ(英) Computer Graphics, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2013-07-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TotalVariation正則化を用いた単一画像の超解像における画質改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of image quality for super resolution by single image based on total variation regularization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超解像 / Super Resolution  
キーワード(2)(和/英) TotalVariation正則化 / Total Variation Regularization  
キーワード(3)(和/英) ハイブリッドテクスチャ画像 / Hybrid Texture Image  
キーワード(4)(和/英) bicubic法 / Bicubic Interpolation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴崎 裕貴 / Hiroki Tsurusaki / ツルサキ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 昌志 / Masashi Kameda /
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-26 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2013-11 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2013-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会