電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-26 13:55
卓上作業における身体動揺検出による集中度合い推定手法の検討
高橋恭佑中口俊哉川平 洋千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現代では,卓上作業効率,勉強効率の向上が求められている.そのため,作業中の集中度合いの推定,そして集中度合いを作業内容にフィードバックすることが有用であると考えられる.これまで心拍や脳波など生体信号を用いる方法が提案されているが,作業者にセンサなどを取り付けず非接触に測定するということに関してはあまり検討されていない.そこで,本研究では重心動揺や加速度を用いた身体動揺検出法により,非接触に作業集中度を推定する.実験では卓上での作業を想定したタスクを設定し椅子に取り付けた加速度,重心動揺をモニタリングすることで,集中時と非集中時の違いについて検討した 
(英) In these modern days, the needs for desk work and learning efficiency improvements are increasing. Therefore, the estimation of concentration ratio during work to give feedback to the contents of work is thought to be useful. Although methods using biological signals such as ECG and EEG have been well studied, measuring it without attaching any sensors to the worker, called non-contact method, has not been considered yet. Therefore in this study, we estimate the work concentration ratio using a non-contact detection method of postural movement such as acceleration and body sway. In the experiment, we set the task that assumed the desk work and monitor stabilometer and acceleration that was attached to a chair, and we examined the difference between state of concentration and non-concentration.
キーワード (和) 集中度合い / 加速度 / 重心動揺 / / / / /  
(英) Concentration ratio / Acceleration / Stabilometer / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 164, IMQ2013-6, pp. 5-9, 2013年7月.
資料番号 IMQ2013-6 
発行日 2013-07-19 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2013-07-26 - 2013-07-26 
開催地(和) 岩手大学 
開催地(英) Iwate University 
テーマ(和) CGとIMQ一般 
テーマ(英) Computer Graphics, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2013-07-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 卓上作業における身体動揺検出による集中度合い推定手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of concentration ratio estimation approach by the postural movement detection for desk work 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 集中度合い / Concentration ratio  
キーワード(2)(和/英) 加速度 / Acceleration  
キーワード(3)(和/英) 重心動揺 / Stabilometer  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 恭佑 / Kyosuke Takahashi / タカハシ キョウスケ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中口 俊哉 / Toshiya Nakaguchi / ナカグチ トシヤ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川平 洋 / Hiroshi Kawahira / カワヒラ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学フロンティアメディカル工学研究開発センター (略称: 千葉大)
Chiba University Research Center for Frontier Medical Engineering (略称: Chiba Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-26 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2013-6 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.5-9 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IMQ-2013-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会