電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-26 13:40
UML要求分析モデルへのモデル検査技術適用による実現可能性の検証
青木善貴日本ユニシス)・小形真平信州大)・松浦佐江子芝浦工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高品質なソフトウェアを開発するためには,顧客による妥当性が確認された要求仕様を少ない手戻りで実装できるように,要求仕様の実現可能性を早期に検証することが重要である.このためには,要求仕様書が開発の初期段階でその適切さ
を保証できる検証可能な形式性を持つことが必要であるが,一般には不正確で曖昧な要求を分析している段階において,開発者が検証可能な要求仕様を定義することは困難である.本稿ではUML を用いた開発において,早期に確認すべき基本的な性質の1つであるシステムの永続化対象データのライフサイクルをモデル検査技術を用いて保証しながら,要求仕様を洗練する手法を提案する.また,UML の知識をもつ開発者がモデル検査技術の知識を持たなくても手法を利用できる支援ツールを開発した. 
(英) A key to success of developing high quality software products is to define valid and feasible requirements specification, so that it can produce high quality source codes with little extra development rework. To provide invariable services to all users at any time, the rules of CRUD on data life cycle are essential properties which persistent data should be met. Thus, such important properties should be verified at the start point of a development. UML2UPPAAL is a support tool of verifying such properties in which requirements specification written in UML is transformed into a finite automaton in UPPAAL A feature of UML2UPPAAL is that developers with knowledge of UML can receive benefit from a model checking technique UPPAAL without extra knowledge. This paper proposes a data life cycle verification method using a model checking technique UPPAAL focusing on CRUD operations at requirements analysis phase.
キーワード (和) UML / 要求仕様の実現可能性 / モデル検査 / 段階的形式化 / CRUD / / /  
(英) UML / Requirements Specification / Model Checking / Stepwise Refinement / CRUD / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 160, KBSE2013-29, pp. 97-102, 2013年7月.
資料番号 KBSE2013-29 
発行日 2013-07-18 (SS, KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS KBSE  
開催期間 2013-07-25 - 2013-07-26 
開催地(和) 北海道立道民活動センター [かでる2.7] 710会議室(7階) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Genaral session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2013-07-SS-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UML要求分析モデルへのモデル検査技術適用による実現可能性の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Verification of Feasibility by Model Checking Techniques Applied to UML Requirements Analysis Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UML / UML  
キーワード(2)(和/英) 要求仕様の実現可能性 / Requirements Specification  
キーワード(3)(和/英) モデル検査 / Model Checking  
キーワード(4)(和/英) 段階的形式化 / Stepwise Refinement  
キーワード(5)(和/英) CRUD / CRUD  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 善貴 / Yoshitaka Aoki / アオキ ヨシタカ
第1著者 所属(和/英) 日本ユニシス株式会社 (略称: 日本ユニシス)
Nihon Unisys, Ltd (略称: Nihon Unisys)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小形 真平 / Shinpei Ogata / オガタ シンペイ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 佐江子 / Saeko Matsuura / マツウラ サエコ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-26 13:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-SS2013-29,IEICE-KBSE2013-29 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.159(SS), no.160(KBSE) 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2013-07-18,IEICE-KBSE-2013-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会