お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-26 13:25
GNSSにおける擬似距離残差情報を元にした測位確度向上手法および近隣の端末との協調による測位精度向上
木谷友哉静岡大)・羽多野裕之宇都宮大SANE2013-38
抄録 (和) GNSS(全地球航法衛星システム)では,現在,見通し環境で多数の衛星から測距信号を受信できれば十分高確度・高精度に測位ができるようになってきている.
しかし,測定した各衛星までの距離(擬似距離)に誤差が大きく含まれると,位置推定精度が劣化する.
この誤差の要因のうち,空間的・時間的に相関があるものについては,位置が既知である受信機によって擬似距離の補正量を計算し,近隣の受信機はその補正量を使用することで測位確度・精度を向上させることができる.
インフラとして用意された固定基準受信局ではなく,測位環境が良好な一般の移動受信局によって正しい補正量を計算するためには,その受信機が高確度・高精度に測位できていることと,それを判断できる必要がある.
本稿では,単独測位において誤差が大きい擬似距離を特定するため,測位計算における最小自乗過程の残差に着目する.
その残差の大きさによって,誤差の大きい擬似距離を排除して高確度・高精度に測位を行い,またそのような測位が行えているかの判断基準として利用する.
GPS受信機の実機を複数台使い,ある衛星との擬似距離に作為的に+20mのバイアス誤差を与えて評価を行った結果,8衛星による測位でも10m以上の水平方向誤差があった従来手法と比べ,提案手法では6衛星での測位でも水平誤差を2m以内に抑えることができた. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) GNSS / GPS / 高精度化 / 協調測位 / ディファレンシャル補正 / アドホック通信 / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 165, SANE2013-38, pp. 7-12, 2013年7月.
資料番号 SANE2013-38 
発行日 2013-07-19 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2013-38

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2013-07-26 - 2013-07-26 
開催地(和) 電子航法研究所 
開催地(英) Electric Navigation Research Institute 
テーマ(和) 航法・交通管制及び一般 
テーマ(英) Navigation, trafic control and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2013-07-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GNSSにおける擬似距離残差情報を元にした測位確度向上手法および近隣の端末との協調による測位精度向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An accurate single point positioning method utilizing pseudorange measurement residuals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GNSS /  
キーワード(2)(和/英) GPS /  
キーワード(3)(和/英) 高精度化 /  
キーワード(4)(和/英) 協調測位 /  
キーワード(5)(和/英) ディファレンシャル補正 /  
キーワード(6)(和/英) アドホック通信 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木谷 友哉 / Tomoya Kitani / キタニ トモヤ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽多野 裕之 / Hiroyuki Hatano / ハタノ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-26 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2013-38 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.165 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2013-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会