電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-25 15:30
分散情報の安全性を考慮した再生成符号のモデル化とその最適性に関する一検討
吉田隆弘横浜商科大)・地主 創青学大)・松嶋敏泰早大
抄録 (和) オリジナル情報を$n$個のノードに分散して保管する分散ストレージ方式において,オリジナル情報の復元と故障ノードの修復の両方を実現する再生成符号が提案されて
いる.この再生成符号において,各ノードのストレージと故障ノードの修復に必要となる情報の大きさ(修復バンドワイズ)にはトレードオフがあることが示されている.本研究では,各ノードが保有している分散情報の安全性を考慮した新たな再生成符号のモデルを提案し,そのモデルにおけるストレージと修復バンドワイズの最適性について検討する. 
(英) e consider regenerating codes. Regenerating codes are a class of codes for distributed storage systems that enable a data collector to recover the original data by connecting to any $k$ of $n$ storage nodes, and also can repair a failed node by downloading data from any d (>=k) nodes. In regenerating codes, there exists a tradeoff between the storage size of each node and repair-bandwidth. In this study, we define two classes of regenerating codes considering security of each node's share, and show that the regenerating codes, which was proposed by Rashmi, Shah and Kumar, achieve the minimum storage size and repair-bandwidth for our class of
regenerating codes.
キーワード (和) 分散ストレージ方式 / 故障ノード修復 / 再生成符号 / ストレージ / 修復バンドワイズ / / /  
(英) distributed storage / node repair / regenerating codes / storage / repair-bandwidth / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 153, IT2013-16, pp. 27-32, 2013年7月.
資料番号 IT2013-16 
発行日 2013-07-18 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2013-07-25 - 2013-07-26 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Nishi-Waseda campus, Waseda University 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2013-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散情報の安全性を考慮した再生成符号のモデル化とその最適性に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Consideration on Modeling and Optimality of Regenerating Codes Considering Security of Shares 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散ストレージ方式 / distributed storage  
キーワード(2)(和/英) 故障ノード修復 / node repair  
キーワード(3)(和/英) 再生成符号 / regenerating codes  
キーワード(4)(和/英) ストレージ / storage  
キーワード(5)(和/英) 修復バンドワイズ / repair-bandwidth  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 隆弘 / Takahiro Yoshida / ヨシダ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 横浜商科大学 (略称: 横浜商科大)
Yokohama College of Commerce (略称: Yokohama College of Commerce)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 地主 創 / Hajime Jinushi / ジヌシ ハジメ
第2著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 敏泰 / Toshiyasu Matsushima / マツシマ トシヤス
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-25 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2013-16 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.153 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2013-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会