お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-25 14:30
不具合の発生したソフトウェアの実行を継続する一手法の提案
渡部 聡杉山安洋日大SS2013-17 KBSE2013-17
抄録 (和) ソフトウェアの可用性を向上させるためには,ソフトウェアの一部の部品に異常が発生した場合でも,実行可能な部品のみで稼働を継続できることが望ましい.本稿では,プログラム変換により,アプリケーションに異常の発生した部品を切り離して実行を継続する機能を付加する手法を提案し,その実験結果を示す. 
(英) In order to improve the availability of software systems, it is desirable that the software systems can keep running even if some of their components become unusable due to bugs.
This paper presents a method that allows software systems to run in limited functionality detaching defective components by program transformation.
キーワード (和) ソフトウェア / 高可用性 / プログラム変換 / 開発ツール / / / /  
(英) Software / High availability / Program transformation / Development tools / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 159, SS2013-17, pp. 25-30, 2013年7月.
資料番号 SS2013-17 
発行日 2013-07-18 (SS, KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2013-17 KBSE2013-17

研究会情報
研究会 SS KBSE  
開催期間 2013-07-25 - 2013-07-26 
開催地(和) 北海道立道民活動センター [かでる2.7] 710会議室(7階) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Genaral session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2013-07-SS-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 不具合の発生したソフトウェアの実行を継続する一手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Mechanism for Executing Software Systems with Defective Components 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア / Software  
キーワード(2)(和/英) 高可用性 / High availability  
キーワード(3)(和/英) プログラム変換 / Program transformation  
キーワード(4)(和/英) 開発ツール / Development tools  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 聡 / Satoshi Watanabe / ワタナベ サトシ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 安洋 / Yasuhiro Sugiyama / スギヤマ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-25 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2013-17,IEICE-KBSE2013-17 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.159(SS), no.160(KBSE) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2013-07-18,IEICE-KBSE-2013-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会