お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-25 15:10
騒音環境下音声認識に対する識別的アプローチの有効性 第2回CHiMEチャレンジ
太刀岡勇気三菱電機)・渡部晋治ルルー ジョナトンハーシー ジョンMERLSP2013-55
抄録 (和) 第2回CHiMEチャレンジは,非定常の妨害音を伴う2マイクロフォンでの困難な音声認識タスクである.我々は識別学習や様々な特徴量変換,ディープニューラルネットといった先端的な音声認識の手法の残響・騒音音声認識に対する有効性を検証した.騒音抑圧には音源到来方向を推定し,事前分布を用いてバイナリマスクを行うシンプルな方法を用いた.さらに任意の特徴量を識別的特徴量変換に導入可能な拡張識別的特徴量変換,識別的言語モデリングとベイズリスク最小化デコーディングを音声認識の後段で効率的に統合する手法を提案した.これらはCHiMEチャレンジのTrack2である中程度の語彙タスクに有効であり,参加者中最も高い性能を獲得した. 
(英) The 2nd CHiME challenge is a difficult two-microphone speech recognition task with non-stationary interference. We investigate the effectiveness of state-of-the-art ASR techniques such as discriminative training, various feature transformations and deep neural networks for reverberated and noisy speech recognition, combined with a simple noise suppression method relying on prior-based binary masking with estimated angle of arrival. Moreover, we propose an augmented discriminative feature transformation that can introduce arbitrary features to a discriminative feature transform, an efficient combination method of discriminative language modeling and minimum Bayes risk decoding in an ASR post-processing stage. These techniques are effective for middle-vocabulary sub-task (Track 2) of CHiME challenge. Our performance is the best among participants.
キーワード (和) CHiME チャレンジ / 耐騒音音声認識 / 識別的手法 / 特徴量変換 / 事前分布に基づくバイナリマスク / / /  
(英) CHiME challenge / Noise robust ASR / Discriminative methods / Feature transformation / Prior-based binary masking / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 161, SP2013-55, pp. 13-18, 2013年7月.
資料番号 SP2013-55 
発行日 2013-07-18 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2013-55

研究会情報
研究会 SP IPSJ-SLP  
開催期間 2013-07-25 - 2013-07-27 
開催地(和) 壮鳳(遠刈田温泉) 
開催地(英) Soho (togatta spa) 
テーマ(和) 認識,理解,対話,一般 
テーマ(英) Speech recognition and understanding, dialog system, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2013-07-SP-SLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 騒音環境下音声認識に対する識別的アプローチの有効性 第2回CHiMEチャレンジ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effectiveness of discriminative approaches for speech recognition under noisy environments on the 2nd CHiME Challenge 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CHiME チャレンジ / CHiME challenge  
キーワード(2)(和/英) 耐騒音音声認識 / Noise robust ASR  
キーワード(3)(和/英) 識別的手法 / Discriminative methods  
キーワード(4)(和/英) 特徴量変換 / Feature transformation  
キーワード(5)(和/英) 事前分布に基づくバイナリマスク / Prior-based binary masking  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太刀岡 勇気 / Yuuki Tachioka / タチオカ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 晋治 / Shinji Watanabe / ワタナベ シンジ
第2著者 所属(和/英) Mitsubishi Electric Research Laboratories (略称: MERL)
Mitsubishi Electric Research Laboratories (略称: MERL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ルルー ジョナトン / Jonathan Le Roux / ルルー ジョナトン
第3著者 所属(和/英) Mitsubishi Electric Research Laboratories (略称: MERL)
Mitsubishi Electric Research Laboratories (略称: MERL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) ハーシー ジョン / John R Hershey / ハーシー ジョン
第4著者 所属(和/英) Mitsubishi Electric Research Laboratories (略称: MERL)
Mitsubishi Electric Research Laboratories (略称: MERL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-25 15:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2013-55 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.161 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2013-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会