お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
お知らせ 5月26日(木) 10:00~13:00(予定),Webサーバ本体のリプレイス作業のため,システムを停止させます.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-25 13:25
コスト付き符号化を用いたステガノグラフィ
合田 翔渡辺 峻松本和幸吉田 稔北 研二徳島大IT2013-12
抄録 (和) 近年, ネットワーク通信の発展に伴い, 安全に通信を行う技術が重要になっている. この要求に対して暗号技術が必ずしも満たすとは限らない. この対策として, 通信秘匿技術であるステガノグラフィがあり, 一般的な手法にLSB法が知られている. しかし, LSB法は誤りビットの発生について考慮されていないため, これまでにLSB法を基に誤りビットを考慮した多くの手法が提案されてきた. 本論文では, コスト付き符号化を用いて埋め込む情報を誤りパターンに変換し, 排他的論理和によって埋め込むステガノグラフィを提案する. また, 数値計算によって理論限界$R= H(Delta)$まで漸近的に近づけることができることを示す. 
(英) In recent years, the techniques that make communication safety are getting important as network communication advances. Cryptography cannot always meet this demand. Steganography can take measures to meet this situation. LSB substitution is the well-known technique of steganography. But it excludes the possibility of error bit generation, so that many techniquesbased on LSB substitution have been proposed. This paper propose the steganography using coding with cost function that convert embedded information to error pattern and embed it by exclusive or. Then this paper also shows that it can approach to theoretical bound asymptoticallyby numeric calculation.
キーワード (和) 情報ハイディング / ステガノグラフィ / コスト付き符号化 / 誤りパターンによる埋め込み法 / / / /  
(英) Information Hiding / Steganography / Coding with Cost Function / Embedded using Error Pattern / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 153, IT2013-12, pp. 5-9, 2013年7月.
資料番号 IT2013-12 
発行日 2013-07-18 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2013-12

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2013-07-25 - 2013-07-26 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Nishi-Waseda campus, Waseda University 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2013-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コスト付き符号化を用いたステガノグラフィ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Steganography using Coding with Cost Function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報ハイディング / Information Hiding  
キーワード(2)(和/英) ステガノグラフィ / Steganography  
キーワード(3)(和/英) コスト付き符号化 / Coding with Cost Function  
キーワード(4)(和/英) 誤りパターンによる埋め込み法 / Embedded using Error Pattern  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 合田 翔 / Sho Gohda / ゴウダ ショウ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 峻 / Shun Watanabe / ワタナベ シュン
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 和幸 / Kazuyuki Matsumoto / マツモト カズユキ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 稔 / Minoru Yoshida / ヨシダ ミノル
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 北 研二 / Kenji Kita / キタ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-25 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2013-12 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.153 
ページ範囲 pp.5-9 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IT-2013-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会