お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-25 15:50
非線形補償を適用した光伝送システムにおけるパルス形式及び送受信器の不完全性の影響
小山智史富士通研)・星田剛司中島久雄富士通)・大嶋千裕富士通研)・Zhenning TaoFRDC)・Jens C. Rasmussen富士通OCS2013-24
抄録 (和) 本稿では送受信器の不完全性及びパルス形式が伝送特性に与える影響を127Gbit/s DP-QPSKの伝送シミュレーションにより調査した結果を報告する.パルス形式としてRZ,NRZ,ナイキストパルスを想定し,送信側または受信側でデジタル信号処理によるチャネル内光学非線形歪み補償を適用した.送受信器の不完全性としてアナログ電気帯域とIQ変調器の消光比に着目し検討を行った.その結果,送信器帯域がNRZとナイキストパルス形式の信号特性に影響を与えることが明らかになった.また,IQ変調器の消光比が低い場合に送信側非線形補償の効果が劣化することを明らかにした.さらに,受信側非線形補償が送受信器の不完全やパルス形式に寄らず改善効果が得られることを確認した. 
(英) We investigate the impact of pulse shaping and transceiver imperfections by numerical simulation of 127Gbit/s DP-QPSK WDM transmission with RZ, NRZ and Nyquist pulse formats. As the transceiver imperfections, we consider the electrical analog bandwidths and the extinction ratio of the IQ modulator. The transmitter bandwidth is found to be critical for NRZ and Nyquist pulse formats. We have found the extinction ratio of the IQ modulator affects the performance of the transmitter-side nonlinear compensation algorithm. Also, we have confirmed the receiver-side nonlinear compensation algorithm has applicability to pulse formats and tolerance to the transmitter imperfections.
キーワード (和) 非線形補償 / 予等化 / チャネル内非線形 / 摂動解析 / パルス形式 / 電気帯域 / 消光比 /  
(英) Nonlinear Compensation / Pre-Distortion / Intra-Channel Nonlinearity / Perturbation Analysis / Pulse Format / Electrical Bandwidth / Extinction Ratio /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 156, OCS2013-24, pp. 29-34, 2013年7月.
資料番号 OCS2013-24 
発行日 2013-07-18 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2013-24

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2013-07-25 - 2013-07-26 
開催地(和) すみだ産業会館(東京) 
開催地(英) Sumida-Sangyo-Kaikan 
テーマ(和) 【光通信機器】 光変復調方式,多値光変復調,コヒーレント光通信,非線形・偏波問題, 分散補償デバイス,光信号処理,光測定器,光通信用ディジタル信号処 理,光通信計測,光通信用LSI,誤り訂正,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2013-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形補償を適用した光伝送システムにおけるパルス形式及び送受信器の不完全性の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Impact of Pulse Shaping and Transceiver Imperfections on Nonlinear Compensated Transmission System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非線形補償 / Nonlinear Compensation  
キーワード(2)(和/英) 予等化 / Pre-Distortion  
キーワード(3)(和/英) チャネル内非線形 / Intra-Channel Nonlinearity  
キーワード(4)(和/英) 摂動解析 / Perturbation Analysis  
キーワード(5)(和/英) パルス形式 / Pulse Format  
キーワード(6)(和/英) 電気帯域 / Electrical Bandwidth  
キーワード(7)(和/英) 消光比 / Extinction Ratio  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 智史 / Tomofumi Oyama / オヤマ トモフミ
第1著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 星田 剛司 / Takeshi Hoshida / ホシダ タケシ
第2著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 久雄 / Hisao Nakashima / ナカシマ ヒサオ
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大嶋 千裕 / Chihiro Ohshima / オオシマ チヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Zhenning Tao / Zhenning Tao / Zhenning Tao
第5著者 所属(和/英) 富士通研究開発中心有限公司 (略称: FRDC)
Fujitsu Research & Development Center (略称: FRDC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Jens C. Rasmussen / Jens C. Rasmussen / Jens C. Rasmussen
第6著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-25 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2013-24 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.156 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2013-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会