電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-23 10:40
マイクロブログ文書の選択による擬似適合フィードバック
宮西大樹関 和広上原邦昭神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マイクロブログ検索では擬似適合フィードバックを用いたクエリ拡張が有効であることが知られている. 擬似適合フィードバックでは,初期検索の上位の検索結果は適合文書であり,この適合文書の中にユーザクエリの補 強に役立つ単語が含まれていると仮定している.しかし,上位の検索結果の多くが非適合文書である場合,擬似適合 フィードバックを用いると,ユーザクエリに関係のない単語を選んでしまう可能性がある.そこで,提案手法は上位 の検索結果の中からマイクロブログ文書を1つだけユーザが選び,この文書をクエリ拡張に用いることで選んだ適合 文書と類似した適合文書を上位の検索結果に集める.そして,再検索した上位の結果に対して擬似適合フィードバッ クを適用することで,検索精度の向上を図る.マイクロブログの代表的なサービスである Twitter のデータを用いて 提案手法と従来の擬似適合フィードバックとを比較する. 
(英) Query expansion method using pseudo-relevance feedback is significantly effective for microblog search because the query expansion method can solve the vocabulary mismatch problem when searching short documents such as twitter messages (i.e. tweet) limited to 140 characters of content. The pseudo-relevance feedback approaches assume that the top ranked documents in the initial search results are relevant, which contain good topic-related words for relevance feedback. However, that assumption is often invalid because the initial search results may largely contain non-relevant documents and only a small share of the suggested expansion words are useful. Many others are either harmful or useless. To overcome the limitation of pseudo-relevance feedback for microblog search, we pro- pose novel query expansion method based on two-stage relevance feedback frameworks modeling search interests by manual tweet selection and integrating lexical and temporal evidence into its relevance model. Our experiments on a corpus of microblog data (Tweets2011 corpus) show that our two-stage relevance feedback approaches considerably improve search result relevance without decreasing retrieval over almost all topics.
キーワード (和) Twitter / マイクロブログ検索 / 擬似適合フィードバック / クエリ拡張 / / / /  
(英) Twitter / Microblog Search / Pseudo-Relevance Feedback / Query Expansion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 150, DE2013-21, pp. 83-88, 2013年7月.
資料番号 DE2013-21 
発行日 2013-07-15 (DE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 DE IPSJ-DBS IPSJ-IFAT  
開催期間 2013-07-22 - 2013-07-23 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) ビッグデータを対象とした管理・情報検索・知識獲得および一般 
テーマ(英) Data Management, Information Search and Knowledge Retrieval for Big Data, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2013-07-DE-DBS-IFAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロブログ文書の選択による擬似適合フィードバック 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improving Pseudo-Relevance Feedback via Microblog Document Selection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Twitter / Twitter  
キーワード(2)(和/英) マイクロブログ検索 / Microblog Search  
キーワード(3)(和/英) 擬似適合フィードバック / Pseudo-Relevance Feedback  
キーワード(4)(和/英) クエリ拡張 / Query Expansion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮西 大樹 / Taiki Miyanishi / ミヤニシ タイキ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 和広 / Kazuhiro Seki / セキ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 邦昭 / Kuniaki Uehara / ウエハラ クニアキ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-23 10:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2013-21 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2013-07-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会