電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-19 16:30
エッジクラウドにおける予備装置の共用による装置数削減の検討
山崎裕史望月このみ三澤 明NTT
抄録 (和) リソースの使用効率を向上させるためにキャリアネットワークにおけるサービスエッジ機能を仮想化し、ユーザを収容する装置を動的に決めるエッジクラウドアーキテクチャの研究を行っている。このようなアーキテクチャでは装置間冗長が容易となり、1台の予備装置を複数の現用装置で共用することで予備装置数を削減することも容易となる。サービスエッジ機能の冗長化方式として緊急の故障対応が不要となる3重化が望ましいが、装置数が多くなるため導入が進んでいない。そこで予備装置を共用する冗長化方式よって3重化と同等の信頼性を実現するのに必要な装置数を算出し、装置数の削減効果について評価を行ったので、その結果を報告する。 
(英) We are investigating edge cloud architecture for effective use of service edge resources. The edge cloud architecture dynamically allocates virtualized edge functions to hardware and users to virtualized edge functions. Dynamic allocation makes it easy to take over the function between the service edge machines. Service edge resources exhibit a much smaller load of standby machines than that of current machines. This allows several current machines to share a standby machine and can reduce the number of standby machines. We discuss the minimum number of standby machines required to keep the same reliability as a triplex system.
キーワード (和) エッジクラウド / サービスエッジ / 冗長化 / リソース共用 / / / /  
(英) Edge Cloud / Service Edge / Redundancy / Resource sharing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 140, IN2013-57, pp. 125-130, 2013年7月.
資料番号 IN2013-57 
発行日 2013-07-11 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NV  
開催期間 2013-07-18 - 2013-07-19 
開催地(和) 北海道大学 工学部アカデミックラウンジ3 
開催地(英) Hokkaido Univ. Faculty of Eng. Academic Lounge 3 
テーマ(和) クラウドネットワーク技術、SDN、OpenFlow、プライベートネットワーク(VPN)、オーバーレイネットワーク・P2P、ネットワーク構成技術及び一般 
テーマ(英) Cloud Networking, SDN, OpenFlow, Virtual Private Network (VPN), Overlay Network/P2P, Network configuration, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-07-IN-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エッジクラウドにおける予備装置の共用による装置数削減の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of reducing service edge equipment by sharing standby machines in edge cloud architecture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エッジクラウド / Edge Cloud  
キーワード(2)(和/英) サービスエッジ / Service Edge  
キーワード(3)(和/英) 冗長化 / Redundancy  
キーワード(4)(和/英) リソース共用 / Resource sharing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 裕史 / Hirofumi Yamazaki / ヤマザキ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegragh and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 このみ / Konomi Mochizuki / モチヅキ コノミ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegragh and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三澤 明 / Akira Misawa / ミサワ アキラ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegragh and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-19 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2013-57 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.140 
ページ範囲 pp.125-130 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会