お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-18 14:05
高次直列結合量子井戸マイクロリング波長選択スイッチ
荒川太郎神谷 宙池原広樹カトフ レドワン國分泰雄横浜国大MW2013-68 OPE2013-37 EST2013-32 MWP2013-27 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-68 OPE2013-37 EST2013-32 MWP2013-27
抄録 (和) InGaAs/InAlAs多重量子井戸をコア層とするマイクロリング共振器を用いて4次直列結合マイクロリング波長選択スイッチ(WSS)を作製し,動作実証を行った.マイクロリング共振器のコア層には五層非対称結合量子井戸(FACQW)を用いており,その量子閉じ込めシュタルク効果(QCSE)に基づく電界誘起屈折率変化により動作するため,動作の高速化と低消費電力化が期待できる.本研究では,分子線エピタキシー法により成長したエピウエハをドライエッチングにより加工し,周回長350ミクロンの4つのマイクロリング共振器およびバスライン導波路からなるWSSを作製した.波長スイッチング特性を測定し,単一および2次直列結合マイクロリング共振器よりも箱形化したフィルタ特性を実現した.共振波長間隔(FSR)およびフィルタ波長特性の半値幅はそれぞれ1.81 nmおよび0.35 nmで,動作電圧12 Vで0.7 nmのヒットレス波長スイッチング動作を得た.ドロップポートにおけるスイッチング静特性において消光比は約20 dBであり,また本WSSと同じ構造を有する単一マイクロリング共振器のスイッチング動特性においては,スイッチ時間約2 nsの高速動作を得ることに成功した. 
(英) We demonstrate a hitless wavelength-selective switch (WSS) based on InGaAs/InAlAs five-layer asymmetric coupled quantum well (FACQW) quadruple series-coupled microring resonators. The WSS is driven by the electric-field-induced change in refractive index in the FACQW core layer caused by the quantum-confined Stark effect (QCSE) for high-speed operation. The WSS with high-mesa waveguides is fabricated on a molecular beam epitaxy-grown wafer by dry etching. The fabricated WSS consists of four microrings, each with a round-trip length of 350 m and five directional couplers with shallow grooves. A boxlike spectral response and hitless switching with higher extinction ratios than a double series-coupled microring resonator are successfully demonstrated. In dynamic switching characteristics, the switching time of less than 2 ns has been obtained.
キーワード (和) マイクロリング共振器 / 波長選択スイッチ / 量子井戸 / InGaAs / 量子閉じ込めシュタルク効果 / 電界誘起屈折率変化 / /  
(英) Microring resonator / Wavelength selective switch / Quantum well / InGaAs / QCSE / Electrooptic effect / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 142, OPE2013-37, pp. 125-130, 2013年7月.
資料番号 OPE2013-37 
発行日 2013-07-11 (MW, OPE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2013-68 OPE2013-37 EST2013-32 MWP2013-27 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-68 OPE2013-37 EST2013-32 MWP2013-27

研究会情報
研究会 EST MWP OPE MW EMT IEE-EMT  
開催期間 2013-07-18 - 2013-07-19 
開催地(和) 稚内総合文化センター 
開催地(英) Wakkanai Synthesis Cultural Center 
テーマ(和) マイクロ波フォトニクス技術、一般 
テーマ(英) Microwave photonic technology etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2013-07-EST-MWP-OPE-MW-EMT-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高次直列結合量子井戸マイクロリング波長選択スイッチ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wavelength selective switch based on high-order series-coupled quantum well microring resonator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロリング共振器 / Microring resonator  
キーワード(2)(和/英) 波長選択スイッチ / Wavelength selective switch  
キーワード(3)(和/英) 量子井戸 / Quantum well  
キーワード(4)(和/英) InGaAs / InGaAs  
キーワード(5)(和/英) 量子閉じ込めシュタルク効果 / QCSE  
キーワード(6)(和/英) 電界誘起屈折率変化 / Electrooptic effect  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 太郎 / Taro Arakawa / アラカワ タロウ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 宙 / Hiroshi Kamiya /
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池原 広樹 / Hiroki Ikehara /
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) カトフ レドワン / Redouane Katouf /
第4著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 國分 泰雄 / Yasuo Kokubun /
第5著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-18 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-MW2013-68,IEICE-OPE2013-37,IEICE-EST2013-32,IEICE-MWP2013-27 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.141(MW), no.142(OPE), no.143(EST), no.144(MWP) 
ページ範囲 pp.125-130 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2013-07-11,IEICE-OPE-2013-07-11,IEICE-EST-2013-07-11,IEICE-MWP-2013-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会