電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-18 11:10
インターネットの特性を考慮した実験ネットワーク構築フレームワークの設計と実装
明石邦夫井上朋哉篠田陽一北陸先端大IN2013-37
抄録 (和) ネットワークを利用した新たな技術の開発・検証を行う際にネットワークテストベッドを利用する要求が高まっている.
しかし,インターネットから隔離されたテストベッドでは,遅延,帯域などの要素がなくインターネット上での利用を想定した検証が難しい.
このような要求に対して,遅延挿入や帯域制限などを行うリンクエミュレータを用いることで,インターネットに近い環境を模倣することが可能である.
しかし,その実験ネットワークの構築は,実験者が手動で行う必要があり,検証における環境構築がより困難となる.
また,大規模かつ遅延や帯域制限がある実験ネットワークを構築するためには,リンクエミュレータで複数のリンクを多重化し,リンクを模倣するために必要なリソースの計算が必要となる.
そこで我々は,リンクエミュレータを用いた実験ネットワークを自動的に構築するソフトウェアであるNet-Constellationの設計・実装を行った.
Net-Constellation は,ノード間の遅延,帯域幅,パケットロスが記述された設定ファイルからリンクエミュレータを用いて実験ネットワークを構築し,リンクの模倣に必要となるリソースの計算と多重化を行うことで,少ない実験ノードで可能な限り多数のリンク模倣を可能とした.
これにより,実験者は検証自体に注力することが可能となる. 
(英) There is increasing requests to use the network Testbed to validate newly developped technologies of network.
But, in a Testbed which is isolated from the Internet, it is difficult to verify software which is actually used on the Internet.
Verification considering bandwidth and delay is difficult in such an environment.
We can experiment with network like the Internet by using a link emulator.
It is necessary for each experimenter to configure manually to construct an experimental network.
If experimenter construct more large scale experiment network, it is also necessary to calculate resources to emulate and multiply links.
In this paper, we made design and implementation of the Net-Constellation.
Net-Constellation is software which construct automatically an experimental network using a link-emulator.
To emulate and multiplex links among experiment nodes, Net-Constellation calculate resources of the nodes.
Therefore, we made it possible to construct the large experiment network using a few nodes.
Thus, the experimenter becomes able to focus the experiment.
キーワード (和) テストベッド / ネットワークエミュレーション / 多重化 / ネットワーク実験 / / / /  
(英) Testbed / Network Emulation / Multiplexing / Network experiment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 140, IN2013-37, pp. 7-12, 2013年7月.
資料番号 IN2013-37 
発行日 2013-07-11 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2013-37

研究会情報
研究会 IN NV  
開催期間 2013-07-18 - 2013-07-19 
開催地(和) 北海道大学 工学部アカデミックラウンジ3 
開催地(英) Hokkaido Univ. Faculty of Eng. Academic Lounge 3 
テーマ(和) クラウドネットワーク技術、SDN、OpenFlow、プライベートネットワーク(VPN)、オーバーレイネットワーク・P2P、ネットワーク構成技術及び一般 
テーマ(英) Cloud Networking, SDN, OpenFlow, Virtual Private Network (VPN), Overlay Network/P2P, Network configuration, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-07-IN-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インターネットの特性を考慮した実験ネットワーク構築フレームワークの設計と実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Implementation of an Experimental Network Construction Framework Considering the Internet Characteristics. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テストベッド / Testbed  
キーワード(2)(和/英) ネットワークエミュレーション / Network Emulation  
キーワード(3)(和/英) 多重化 / Multiplexing  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク実験 / Network experiment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 明石 邦夫 / Kunio Akashi /
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 朋哉 / Tomoya Inoue /
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 陽一 / Yoichi Shinoda /
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-18 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2013-37 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.140 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会