お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-18 10:20
[ポスター講演]バッテリレスセンサネットワークのための新しい屋内空間の提案
阪口 啓阪大)・前原大樹東工大)・三瓶政一阪大)・荒木純道東工大NS2013-45 RCS2013-96 SR2013-33 ASN2013-63
抄録 (和) 本稿では無線電力伝送によって駆動するバッテリレスセンサのための新しい屋内空間を提案する.提案する屋内環境の天井には無線通信と無線電力伝送を同時に行う電波照明(アクセスポイント)を複数設置し,それらの電波照明に接続された電力ケーブルを介して電力線通信(PLC)を行うことにより、バッテリレスセンサに対する電力供給とバッテリレスセンサの観測データを吸い上げるインフラを提供する.本稿では提案法の検証実験として2つの電波照明を用いたバッテリレスセンサの駆動実験を行い提案法の有効性を示す. 
(英) This paper proposes new wireless infrastructure for wireless sensor networks activated via wireless energy transmission in indoor environments. In the new indoor environments, RF lighting points (access point) deployed at ceiling light perform wireless energy transmission for battery-less sensors and receiving their sensing data. Since the RF lightning points are connect via power line, the new infrastructure act as bridge between wireless and power line communications. In this paper, to verify the effectiveness of the battery-less sensor networks, we implement prototype hardware and conduct an indoor experiment.
キーワード (和) 無線電力伝送 / バッテリレスセンサネットワーク / 屋内環境 / 920MHz / 検証実験 / / /  
(英) wireless energy transmission / battery-less sensor networks / indoor environment / 920MHz / prototype hardware / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 131, SR2013-33, pp. 71-76, 2013年7月.
資料番号 SR2013-33 
発行日 2013-07-10 (RCS, SR, ASN), 2013-07-11 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-45 RCS2013-96 SR2013-33 ASN2013-63

研究会情報
研究会 ASN RCS NS SR  
開催期間 2013-07-17 - 2013-07-19 
開催地(和) アクトシティ浜松 
開催地(英) Hamamatsu Act City 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2013-07-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バッテリレスセンサネットワークのための新しい屋内空間の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) New Wireless Infrastructure for Battery-less Sensor Networks in Indoor Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 / wireless energy transmission  
キーワード(2)(和/英) バッテリレスセンサネットワーク / battery-less sensor networks  
キーワード(3)(和/英) 屋内環境 / indoor environment  
キーワード(4)(和/英) 920MHz / 920MHz  
キーワード(5)(和/英) 検証実験 / prototype hardware  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 啓 / Kei Sakaguchi / サカグチ ケイ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 大樹 / Daiki Maehara / マエハラ ダイキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 純道 / Kiyomichi Araki / アラキ キヨミチ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-18 10:20:00 
発表時間 120 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-NS2013-45,IEICE-RCS2013-96,IEICE-SR2013-33,IEICE-ASN2013-63 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.129(NS), no.130(RCS), no.131(SR), no.132(ASN) 
ページ範囲 pp.63-68(NS), pp.105-110(RCS), pp.71-76(SR), pp.91-96(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-07-11,IEICE-RCS-2013-07-10,IEICE-SR-2013-07-10,IEICE-ASN-2013-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会