お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-17 13:05
マルチパス環境における空間変調の検討
前田 望笹岡秀一岩井誠人同志社大RCS2013-78
抄録 (和) 近年、送信機と受信機に複数のアンテナを用いたMIMO (Multiple-Input Multiple-Output) システムが盛んに研究されており,MIMOシステムにおける新しい概念として,高い周波数利用効率を実現しながらも端末の複雑性やコストを軽減することができる空間変調 (SM: Spatial Modulation) が提案されている.空間変調では,送信シンボルの推定だけでなく送信アンテナの推定も行うため,伝搬路特性が伝送特性に大きく影響を与える.特に,仲上-ライスフェージング環境において直接波が強い場合ではアンテナ推定の性能が劣化し,伝送特性が劣化する問題がある.本稿では,シンボル推定とアンテナ推定をMLD (Maximum-Likelihood Detection) により同時に行うシステムを検討し,計算機シミュレーションにより,遅延波が存在するマルチパス環境における空間変調の特性を評価する.遅延波が存在する環境ではMLDにより空間変調の特性が大幅に改善できることを示す.また,送信側で送信信号の電力配分または位相制御を行うシステムを提案し,直接波が強い環境でも伝送特性を大幅に改善できることを示す. 
(英) The MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) system having multiple antennas at the both sides of the transmitter and the receiver has been studied, and SM (Spatial Modulation) has been recently proposed as a new concept for MIMO system which can offer high spectral efficiency with lower complexity. In the SM scheme, the receiver exploits the random variation of wireless channel between each pair of the transmit and the receive antennas and which detects not only the signal constellation but also the transmitting antenna. However, SM might not yield adequate performance in the environment where the direct wave is great because the signals emitted by the transmit antenna are not distinguishable from the others at the receiver. In this paper, we consider the system which detects the signal constellation and the transmitting antenna simultaneously by MLD (Maximum-Likelihood Detection). We evaluate by numerical computer simulations the performance of SM in a multipath environment where a delay wave exists and a direct wave is great. We show that the performance of SM can be improved in the environment where the delay wave exists, and newly propose the power allocation and the phase control of the transmit signals methods to improve the performance of SM where a direct wave is great.
キーワード (和) 空間変調 / マルチパス環境 / 仲上-ライスフェージング環境 / 電力配分 / 位相制御 / MLD / /  
(英) Spatial Modulation / Multipath Environment / Nakagami-Rice Fading Environment / Power Allocation / Phase Control / MLD / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 130, RCS2013-78, pp. 1-6, 2013年7月.
資料番号 RCS2013-78 
発行日 2013-07-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-78

研究会情報
研究会 ASN RCS NS SR  
開催期間 2013-07-17 - 2013-07-19 
開催地(和) アクトシティ浜松 
開催地(英) Hamamatsu Act City 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-07-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチパス環境における空間変調の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Spatial Modulation in Multipath Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間変調 / Spatial Modulation  
キーワード(2)(和/英) マルチパス環境 / Multipath Environment  
キーワード(3)(和/英) 仲上-ライスフェージング環境 / Nakagami-Rice Fading Environment  
キーワード(4)(和/英) 電力配分 / Power Allocation  
キーワード(5)(和/英) 位相制御 / Phase Control  
キーワード(6)(和/英) MLD / MLD  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 望 / Nozomu Maeda / マエダ ノゾム
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 秀一 / Hideichi Sasaoka / ササオカ ヒデイチ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 誠人 / Hisato Iwai / イワイ ヒサト
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-17 13:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-78 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.130 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会