電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-17 15:45
Coverage Probability Analysis of Cognitive Heterogeneous Cellular Networks Based on Stochastic Geometry
Fereidoun H. PanahiTomoaki OhtsukiKeio Univ.RCS2013-84
抄録 (和) In this report, a Cognitive Radio (CR) based statistical framework for a two-tier heterogeneous cellular network (macro-femto network) is presented to model the coverage probability at any arbitrary secondary user (femto user), while operating in the presence of a collocated primary network (macro nodes). Utilizing the theory of Poisson point process (PPP), a system model based on stochastic geometry is introduced to model the random locations and topology of both primary and secondary networks (macro-femto networks). We provide an overview of how CR idea is able to potentially mitigate interference in two-tier heterogeneous networks. We also present a Reinforcement Learning (RL) based power control strategy per femto user in interference-limited networks over the above model which provides each femto user with a guaranteed amount of coverage probability for a given signal-to-interference-plus-noise-ratio (SINR) target. 
(英) In this report, a Cognitive Radio (CR) based statistical framework for a two-tier heterogeneous cellular network (macro-femto network) is presented to model the coverage probability at any arbitrary secondary user (femto user), while operating in the presence of a collocated primary network (macro nodes). Utilizing the theory of Poisson point process (PPP), a system model based on stochastic geometry is introduced to model the random locations and topology of both primary and secondary networks (macro-femto networks). We provide an overview of how CR idea is able to potentially mitigate interference in two-tier heterogeneous networks. We also present a Reinforcement Learning (RL) based power control strategy per femto user in interference-limited networks over the above model which provides each femto user with a guaranteed amount of coverage probability for a given signal-to-interference-plus-noise-ratio (SINR) target.
キーワード (和) coverage probability / stochastic geometry / Cognitive Radio (CR) / power control / / / /  
(英) coverage probability / stochastic geometry / Cognitive Radio (CR) / power control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 130, RCS2013-84, pp. 37-42, 2013年7月.
資料番号 RCS2013-84 
発行日 2013-07-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-84

研究会情報
研究会 ASN RCS NS SR  
開催期間 2013-07-17 - 2013-07-19 
開催地(和) アクトシティ浜松 
開催地(英) Hamamatsu Act City 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-07-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Coverage Probability Analysis of Cognitive Heterogeneous Cellular Networks Based on Stochastic Geometry 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) coverage probability / coverage probability  
キーワード(2)(和/英) stochastic geometry / stochastic geometry  
キーワード(3)(和/英) Cognitive Radio (CR) / Cognitive Radio (CR)  
キーワード(4)(和/英) power control / power control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Fereidoun H. Panahi / Fereidoun H. Panahi /
第1著者 所属(和/英) Keio University (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Tomoaki Ohtsuki / Tomoaki Ohtsuki /
第2著者 所属(和/英) Keio University (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-17 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-84 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.130 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会