お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-17 15:45
ノードの間欠動作をベースとした低消費電力な無線センサネットワーク構成法に関する検討
内海富博秋田大ASN2013-49
抄録 (和) 電源や通信インフラの無い農地などの広大なエリアへ無線センサネットワークを構築する際には,ノードの電源はバッテリから供給することが一般的である.しかしながら,バッテリ容量には制限があり,バッテリの取り替えや充電にかかるコストを考慮する必要がある.本研究では,センシングするセンサノードとデータを中継する中継ノード,データを収集するSinkノードで構成するセンサネットワークを想定し,中継ノードを間欠動作させた場合の低消費電力化を目的としている.中継ノードの間欠動作の周期を調整することにより,Duty Cycleが10%において,80%以上のパケット到達率が得られ,消費電力も間欠動作しない場合と比べ約80%削減することができた. 
(英) When developing the wireless sensor networks to a vast area of farmland, such as no communications and a power infrastructure, it is generally that the power of nodes will be supplied from the battery. However, the battery capacity is limited. So, it is necessary to consider the cost of replacement or charging of the battery. In this study, we are aimed at decreasing power consumption by intermittent relay nodes. By adjusting the period of the intermittent operation of the relay nodes, the packet arrival rate achieved 80% and the power consumption decreased 80%.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / 間欠動作 / 消費電力 / / / / /  
(英) Wireless Sensor Networks / Duty Cycle / Power Consumption / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 132, ASN2013-49, pp. 13-16, 2013年7月.
資料番号 ASN2013-49 
発行日 2013-07-10 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2013-49

研究会情報
研究会 ASN RCS NS SR  
開催期間 2013-07-17 - 2013-07-19 
開催地(和) アクトシティ浜松 
開催地(英) Hamamatsu Act City 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2013-07-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ノードの間欠動作をベースとした低消費電力な無線センサネットワーク構成法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Low Power Wireless Sensor Networks Based on Intermittent Operation of Nodes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) 間欠動作 / Duty Cycle  
キーワード(3)(和/英) 消費電力 / Power Consumption  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 富博 / Tomihiro Utsumi / ウツミ トミヒロ
第1著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-17 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2013-49 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.132 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ASN-2013-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会